「キャプテン翼」主題歌「あれみなエース」(作詞:吉岡治)の意味とは?

スポンサーリンク

※この記事は、以前アメブロで書いたものを加筆修正したものです。

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

かつて作詞家の吉岡治さんがなくなられたとき、ニュースでは「天城超え」の歌詞を書かれた人と
いうので、書かれているようですが、
この方、他にも色々と有名な曲の歌詞を書かれていらっしゃるんですよね。

「あわてんぼうのサンタクロース」とか。
そして、この方は、「
アニメの「キャプテン翼」の主題歌の
「燃えてヒーロー」の歌詞も書いていたといらっしゃったのです。
キャプテン翼~燃えてヒーロー [EPレコード 7inch]
キャプテン翼~燃えてヒーロー [EPレコード 7inch]

すごくない?
「天城越え」と「燃えてヒーロー」
同じ作者なんですよ。

と、このことにひとしきり「ほうほう」と感心してた時に
あることを思い出しました。

皆さん、「燃えてヒーロー」の歌詞、ご存知でしょうか?

一番最初のとこ↓(以下、引用)

ちょっとあれ見な エースが通る
(「燃えてヒーロー」作詞:吉岡治 作曲:内木弘 より)
っていう部分なんですけどね。

私、「あれ見な」を
「あれ見てごらん」的な意味ではなく、
「あれみな」っていう形容詞だと、結構長い間思ってました。

意味、わかりますか?

「ちょっと見て、エースが通るよ」って意味じゃなく、
「いささかあれみなエースが通るよ」
「あのエースは、ちょっと「あれみ」な人だよ」

的な意味に解釈していたのです。

ただ、「あれみなエース」がどんなエースなのかは、
大人になったらわかるかと思ってたんですが、
ずっとわかることはありませんでした。

まあ、「巨人の星」の歌の冒頭を
「重いコンダラ」
と勘違いしたのと、似たような話です。

ちなみに、この話をアメブロで書いたとき、お知り合いの方が「自分もずっと「荒れ味なエース」だと思っていた」
というコメントをくださいました。
ほらねえ。

吉岡先生、ごめんなさい。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。