【第九への道】バベルの塔を上る

スポンサーリンク

IMG_5457

ベートーヴェンの第九は、「バベルの塔」みたいなものなんだと、いつごろからか思うようになってました。

あの曲を作ることで、ベートーヴェンは神の領域に行こうとしたんだと思う。彼の人生最大の挑戦だったに違いない。
弾きながら、ほんと、よくこんなもん作りやがったなと思います。本当に難しい。
その難しさが、技術的なものだけだけったら、まだいいのですが、それだけじゃない。曲を理解しようとしても、どうにもできない。
この曲を自分の体の中に入れていくことなど、到底不可能なんじゃないかと途方に暮れるばかりです。

なので。

「バベルの塔」みたいな代物をそもそも、凡人が完璧に仕上げることなんぞ無理に違いないのです。
ただ、オーケストラをやってる者にとって、「この曲をやらずには死ねない」と誰もが思う曲があるとしたら、やはり第九だと思われる。

だから、第九はやることそのものに意義がある。それでいいじゃん。

と、第九を練習しながら、ときどき思うことにしようと思います。

そうでないと、なんせ、自分がつらくなるので。

正直、今回取り組む第九の演奏は、個人的にいろいろとプレッシャーがあって、かなりきついのです。
自分をいじめないように、できるだけ気を付けているんだけど、
ちょっと自分が弱くなると、もう逃げ出したくなる。

なので、できるだけ気楽にしておきたいのです。

一応、自分にできる限りの練習はしているつもりです。
今日も4楽章のできないところと、1楽章全部をがっつりさらいました。

なので、どうにもつらくなったら、第九は「バベルの塔」だから、上りきれなくても当たり前と思うことにします。

そもそも、自分、バビル2世でもないので。
三匹のしもべでもいてくれたら、心強いのかもしれないけどさ。

バビル2世 DVD-BOX
バビル2世 DVD-BOX

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。