「超電子バイオマン」初代イエローフォー殉職の件【特撮魂】

スポンサーリンク

※この記事は、以前アメブロで書いたものを加筆修正したものです。

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

さて、「超電子バイオマン」、問題の第10話の話です。

超電子バイオマン Vol.1 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2008-08-08)
売り上げランキング: 92,836

はい、イエローフォーこと小泉ミカ殉職の回です。

この回は、小さいころ、リアルタイムで見ていたのですが、イエローフォーが光線を受けて死んでいってしまう姿はかなりショッキングだった。

スポンサーリンク

小泉ミカの殉職に際して思ったこと

この殉職の裏に大人の事情があったことを知ったのは、大人になってからでした。

ただ、このイエローフォー=小泉ミカというキャラは、
他の4人と、もともとちょっと違う際立ったとこがあるキャラでした。

というのも、彼女は、1話のラストでバイオマンになることを拒んでいるんですね。

結局、第2話で彼女は戦うことを決意するのですが、つまりは、彼女だけ、すんなり戦うことを受け入れた他の4人と異なり、戦士になることへの抵抗とか葛藤みたいなものを越えて戦士になった。

その分だけ、彼女はバイオマンに対する思いが強かった…みたいな印象があって
だから、第10話での彼女のとった行動は、むしろ彼女なら、バイオマンたちを守るためにこれくらいのことをするだろう…と、感じました。
(おそらくピンクファイブなら、光線が来たら逃げるだろうし、自分が浴びて光線を使い切らせて犠牲になる捨て身の行動はとらないでしょう)。

今、見返してみるとね。
途中から小泉ミカの声が明らかに変わっていたり、
ラストの第10話、彼女はまったく素の姿に戻らず、しかも変身したままで埋葬されたりと、いろいろ不自然さがあり、
大人の事情があった感ばりばりなんですが。

小泉ミカ役の矢島由紀さん。
ルックスもかわいらしいし、声もいい。アクションも切れがいい。
おそらく、当時の特撮界のスター候補だったはず。
あのとき、降板なくイエローフォーを最後まで続けていたら、そのままメタルヒーローシリーズのヒロインとかやっていたんじゃないだろうか。
(たとえば、ダイアナレディとか、彼女がやってたかもしれない)
ああ。

女性戦士が殉職した作品は、戦隊シリーズで、今のところこれだけらしいです。
女性戦士が二人になった初の作品で、こんな展開になるとは、何とも皮肉な話ですよね。

超電子バイオマン Vol.1 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2008-08-08)
売り上げランキング: 92,836
〈ANIMEX 1200シリーズ〉 (42) 超電子バイオマン 音楽集 (限定盤)
TVサントラ 宮内タカユキ
コロムビアミュージックエンタテインメント (2004-03-17)
売り上げランキング: 282,773
超電子バイオマン 電子合体 DX超合金 バイオロボ
バンダイ
売り上げランキング: 741,614

================================

~最近のライティングのお仕事~

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

特撮芸人がパワーレンジャーに挑戦! 特撮界の”神”坂本浩一監督のヒーローアクション指導を受けてみた

日本の”スーパー戦隊”をルーツにした映画「 パワーレンジャー 」(7月15日から公開)。アメリカのテレビシリーズ「マイティ・モーフィン ・パワーレンジャー」のリブート作で、不思議なコインに選ばれた5人の高校生が戦士になる特訓を受けてパワーレンジャーとなり、悪の魔女・リタに立ち向かうストーリーです。 …

================================

取材・インタビュー・ライティングのお仕事承ります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。