万年筆「コクーン」とボトルインク「月夜」でものの見事にインク沼につかった件

SPONSORED LINK

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

万年筆にはまりだしたのは、つい最近のことですが、どうやら、ワタクシ、ものの見事にインク沼につかった模様です。

ついに、ちょっといい万年筆を購入してしまいました!

パイロットのコクーンを購入

コクーン

私がこのたび、購入した万年筆はパイロットのコクーン。

カクノやプレジールよりもう少しいい万年筆がほしい。でも、1万円とかするのは、さすがに怖いと思った私は、3000円台のコクーンと4000円台のラミーサファリにしぼり、かつ文房具師匠にも相談し、実際に店舗で触ってみて、コクーンのFに決めました。

ペン先が特殊合金だというコクーン。使い始めてみたら、書き心地がこれまで使った安価万年筆とは全然違いました。

コクーン

さくさくというよりさらさら。こんななめらかな書き心地は初めて。すごく心地よくて、虜になってしまいました。
これから、ヘビロテする筆記具になりそうです。

憧れの万年筆インク「色彩雫」も使い始めました。

これまではカートリッジ式インクで使っていた万年筆ですが、コクーンを手に入れて、ついにコンバーターにインクを使うことにしました。

使い出したのは、こちらのパイロットの色彩雫シリーズの「月夜」

コクーン

この色彩雫は、去年、ブログお友達のKyrieさんに教えていただいて、なんとしても使ってみたいと一目惚れしてしまったインク。

私が導入した月夜はブルーブラックよりも少し透明感があり、だけど青々しくない色。濃紺の上品さと青の透明感がいい感じで混じった色です。

万年筆ライフはどんどん深みにはまりそう。

コクーン
現在、もっている万年筆たち。コクーンとカクノと200円台の激安のプレピー2本

はまりだして約1ヶ月でこれ。伝統ある筆記具の素晴らしさにもう夢中です。
とりあえず、コクーンをメインで使い倒す予定ですが、色彩雫の他の色も使ってみたいと思っているので、まだまだ万年筆を買い足しそうな予感です。(お金はそんなないので、たぶんカクノあたりですが)

ああ、素晴らしき万年筆ライフ。インク沼にはまるがいいさ。

パイロット 万年筆 コクーン ボルドー 細字 FCO-3SR-BO-F
パイロット
売り上げランキング: 28,605
パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-TY ツキヨ
パイロットコーポレーション
売り上げランキング: 395

================================

ライティングのお仕事承ります。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。