連載コラム「音のコトノハ」終了のお知らせ

SPONSORED LINK

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

音のコトノハごきげんよう。
フィギュアの町田樹選手のファンなので、彼の突然の引退宣言にびっくりしました。

さて、そして、私も実は、この12月に一区切りつけたことがありました。

2006年から、ずっと「リーディングフィールズ基本の速読講座」のメールマガジンで連載していた音楽コラム「音のコトノハ」、この12月で終了させていただきました。

*音楽のことを自由に書き続けてきた連載コラム

「音のコトノハ」私がライターを始めたころに、お話をいただいてずっと続けてきたコラム。
ご依頼者様のご厚意で、なんでも好きなことを書いていいと言っていただけたので、テーマを音楽にして、オーケストラのことや好きな音楽のことなど、ずっと書き続けてきました。

連載は全部で71本。
中途半端な数字なのは、わかっております。
続けられるだけ続けたいとずっと思ってきていましたし、いけるなら100本まで行くつもりでいました。

ただ、その一方で、ぼちぼちやめどきを考えないといけないなあ…とも感じていたこの数年。

*第九の演奏が決断をさせた。

そして、今年、オーケストラでベートーヴェンの第九をやることになりまして、これがいい区切りかなあと思ったんですね。

第九ってやっぱり、オーケストラをやる者にとって特別なんですよ。
何度も書いてますが、オーケストラをやってたら、この曲をやらずして死ぬことはできない。そういう曲だから、これをやるってことは、とても大きなイベントであり、この曲をやったことで音楽に悔いなしって感じで、音楽活動に区切りをつけるみたいな人も少なくはないと思います。

私の場合も、第九に取り組みだしたら、それをやはりコラムには書かずにいられず、そして、第九のことを書き始めたら、ああ、これは区切りをつけるいい機会かもなあと自然に思って、それで終了を決意いたしました。

*書籍化に向けて

ここまでずっと書いてきたコラム71本は、私の貴重な財産です。
そして、このコラム、本にするつもりでおります。

というわけで、71本、改めて見直さないといけないなあと思っております。

このブログに来てくださっている方に、コラムの読者がいらっしゃるかどうかわかりませんが、読んでくださっている方がいらっしゃいましたら、本当にありがとうございました。

連載コラム、下記でまとめていただいているので、ウェブで全部ではないけれど、読むことができます。

リーディングフィールズ基本の速読講座
コラム 田下 愛 『音のコトノハ』 インデックス

もし、ご興味がある方はぜひご覧になってくださいね。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。