やりたいことこつこつ続けてたら、夢がかなっていたっていう話。

SPONSORED LINK

やりたいことをこつこつ 夢がかなった

どうも、ごきげんよう。

ライターになって、初めて仕事をいただいたとき、パソコンに仕事のフォルダを作りました。
まっさらのフォルダが、仕事の原稿でいっぱいになったらいいなあと当時夢見ていました。

夢がかなうかどうか、もちろん最初はわからなかった。
仕事のフォルダ、何年かたった後も、ちょっとの仕事しかなかったらどうしようって、当時はそんな不安もちょっとだけあった。

それから、ずいぶんたちました。
今、私は、仕事のフォルダの中を整理することに躍起になっております。
ええ、いっぱいになりすぎて、収集つかなくなってきたのです。

というわけで、つまりは、私の夢はかなったのです。

 

夢をかなえるために、何か特別なことをしたかといわれると、たぶんしていないです。

不器用なりに、営業をして、いただいた仕事を一生懸命やる。
それだけですね。

もちろん、すべてがうまくいったわけではない。失敗もしたし、苦しんだこともたくさんありました。

でも、それでも仕事を続けて来たら、いつのまにか書いてきた原稿がけっこうな量になりまして、フォルダの整理に頭を悩まされているときに、ああ、そういえば、こんな風に悩むことを昔は夢見てたんだなと思いだしました。

放映中の朝ドラ「まれ」を見ているのですが、主人公、まれちゃんは、夢が大嫌いで地道にこつこつ生きていこうとしている。
そんなまれちゃんに、田中裕子さん演じる文さんが「夢というのは、もともとは地道にこつこつがんばるもの」と言う場面がありました。
私も、とにかく仕事をここまでこつこつ続けてきた結果、夢がかなっていたのです。

夢がかなうって、つまりはこんなもんなのかもね。
劇的に何かが変わるのではなく、やりたいことを続けていったら、気が付いたらかなっていた。

というわけで、今も仕事フォルダの整理に悩み中です。
とりあえず、目下稼働中のものだけ別ファイルに移したんですが、あとのものをどうしまっとくかに迷ってます。

さて、どないしょう。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

ライター/オタクコラムニスト/クラシック随想家。マンガ・映画・クラシック音楽を中心に「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。