夢をかなえるリストの作り方~夢は何度も思い描こう!

SPONSORED LINK

夢をかなえるリスト

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

数年前から、ブロガー界でもやっている方の多い「人生でやりたいこと100のリスト」。

これの影響もあって、私はかなえたいこと、実現させたいことをリスト化するのを定期的に行うようになりました。

数年前に買ったMDノートをリスト作りの専用にしています。

夢をかなえるリスト

マステもはりつけたMDノート。数年使い続けているのでくたびれてきています。

夢のリストを繰り返し書くと、自分の本当の夢がわかる

夢をかなえるリスト

リストを定期的に作る。これは気が付いたら習慣になっています。

そして、今はこれを定期的にやるのは、大切だと思ってます。

なぜかというと、繰り返し書いていくことで、自分が本当にかなえたい夢がわかっていくから。

何度もリストを作りなおしてみると、以下のようなことが出てくると思います。

・毎回必ず書いている夢
↑これは自分が心から望んでいる可能性が高いです。

・以前は書いていたけどいつからか書かなくなった夢
↑本当に望んでいたわけじゃなかったこと、あるいは、自身の変化で必要のなくなったことの可能性が高いです。

リストを繰り返し書いてきたおかげで、人生が変化した

夢をかなえるリスト

私は、自分がやりたいことがわからなくて、結構長い間悩んでいました。

それもあって、わらにすがるじゃないですけど、書いたら何か変わることがあるかなと思って、かなえたいことリストを書き始めました。

みなさんがやってる100のリストなんて、とてもできなくて、思いつくままに書けるだけかなえたいことを書き散らすみたいなことを何度も繰り返していました。

それを何度かやっているうちに、リストを見返していたら、「マンガや映画のことをたくさん書いていきたい」みたいなことを何度も書いていることに気がつき、ああ、自分はこれがやりたいんだなって気がつきました。

そして、逆に、以前は書いていたけど、いつの間にか書かなくなったことがあるのに気がつき、ああ、これはもう自分は望んでいないんだなってわかったこともあった。

そうやって、リストを繰り返し書いて、それを見直していったおかげで、自分のやりたいこと、本当にかなえたいことがどんどん定まっていった感じですね。

そして、やりたいことが定まったら、そのために何をすればいいかを考えて、行動に移すこともできて、おかげで、リストに書いたことのいくつかも実現しました。
上記した「マンガや映画のお仕事」も、実はこの1~2年で急増しています。

リストで叶える方向に脳を活性化させる

夢をかなえるリスト

以前も書いたことですが、よく「夢は書くとかなう」っていいますが、あれはスピリチュアルなことではないと思います。

夢を書き出していくことで、自分が何を望んでいるかっていうことときちんと向き合って「叶えるためにどうすればいいか」を考えて、実現しやすくするとか、
自身の望むものを脳にしっかりインプットして、好機が訪れたときに、「あのやりたかったことを叶えるチャンスだ」と逃さずに捕まえられるというような、
夢をかなえる方向へ脳を活性化させるようなことだと、私は解釈しております。

なので、脳を活性化させるためには、「やりたいこと」を何度も書き出してみるといい。

夢は何度も思い描くほどに、実現に近くなっていくと思います。

ミドリ MDノート<A5> 方眼罫
ミドリ
売り上げランキング: 622

===============================

~最近のライティングのお仕事~

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

特撮芸人がパワーレンジャーに挑戦! 特撮界の”神”坂本浩一監督のヒーローアクション指導を受けてみた

日本の”スーパー戦隊”をルーツにした映画「 パワーレンジャー 」(7月15日から公開)。アメリカのテレビシリーズ「マイティ・モーフィン ・パワーレンジャー」のリブート作で、不思議なコインに選ばれた5人の高校生が戦士になる特訓を受けてパワーレンジャーとなり、悪の魔女・リタに立ち向かうストーリーです。 …

================================

取材・インタビュー・ライティングのお仕事承ります。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。