フリクションボール・デビュー!めっさ気に入りました。

SPONSORED LINK

前にブログに書いたとおり、「毎日、文房具。」でおすすめしていた、フリクションボール、ついに手に入れました。

フリクション 使い心地

参考:書いた文字がキレイに消える「フリクションボール」
(「毎日、文房具。」より)

ちょうど、手帳用の筆記用具をリニューアルしたいと思っていたので、すべて手帳に使っています。

書いて間違っても、消して修正できる!

フリクションの最大のポイントは書いた文字が消しゴムで消せること。
手帳に予定をメモしていて「あいやっ!」と書き間違えても、ボールペンの頭部にあるラバーでこすれば、きれ~いに消えます。
普段、手帳にスケジュールやら、やることリストやら、思いついたメモやら、書いているのですが、メモって基本的に書きなぐるものだと思っているので、わりと雑です。
ただ、それだと、たまに困るときがあります。
やることリストがメモのしかるべきスペースに埋まらなくなったときとか。
そんなとき、フリクションなら、一度書いたものをばーっと消して書き直すことができます。
おかげで、少しだけ手帳がきれいに使えそうです。

軽くてさくさく書ける使い心地がいい

これは私だけの感覚かもしれませんが、フリクションは書いたときの書き心地がすごく軽い気がするんですよ。
文字を書くとき、さくさくペンが進みます。
手帳やらなんやら、わりとボールペンを使うことが多い生活をしている私は、常に使いやすいボールペンを探す求めているのですが、これまで使った中でも、これは特に書き心地がいいと感じました。

フリクション、どのサイズ、どの種類を使うか

フリクションは、色やペン先のサイズ、種類が豊富なのもうれしいところ。
今回、私は、スタンダードなやつとスリムタイプ、あと、フリクションの蛍光ペンを買いました。フリクション 使い心地
私は、筆圧が強いほうなので、スタンダードな0.5㎜だと、ちょっと字の自己主張が強くなってしまうので、普段使いは0.38㎜のスリムタイプがいいなあと思いました。
買ってきたスリムタイプ。ピンクのボディのは、ピンク色のインクだったのを、黒いインクに入れ替えました。ええ、ピンクのやつを普段使いにしたかったので。

あと、スタンダードな0.5㎜のボールペンは、「毎日、文房具」でお友達のライターのまきさんがおすすめしていたカラーのブルーブラックを選びました。
まきさんがおすすめしているだけあって、これはすごくいい色。

フリクション 使い心地
黒よりもさわやかで、そして、ブルーよりも重みがある絶妙なカラーです。
ただ、ブルーブラックのインク、スリムタイプのものがない…のかな?
少なくとも私が探したお店には見当たりませんでした。
ほんとは、この色で手帳にメモしたいんだけどなあ。

というわけで、とても気に入ったフリクション。
パイロットさん、もし、ブルーブラックの0.38mmの替え芯があるなら教えてください。そして、もしないなら、出してくださるとうれしいです。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。