「フラーハウス」にはまっています。やっぱりキミーが好きすぎる!

スポンサーリンク

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

ええ、最近、Netflixで配信中の海外ドラマ「フラーハウス」にはまっています。

というか、「フラーハウス」を見たいがために、Netflixのお試し登録をしちゃったワタクシです。

大好きだった「フルハウス」の続編がオリジナルキャストでスタート

fullhouse1
「フラーハウス」の元の作品はかつてEテレで放映されていた「フルハウス」。私はこの作品がだいっすきでした。

お掃除大好きのTVリポーター・ダニーとその三人の娘達、DJにステファニーにミシェル。
ダニーの子育てを手伝うイケメンのジェシーおじさんとコメディアンのジョーイおじさんが暮らすタナー家の物語「フルハウス」は本当に面白くて、毎週毎週楽しみにしていました。

そのフルハウスが「フラーハウス」の名前で復活。
夫に先立たれて3人の息子のシングルマザーになったDJと、彼女を見かねた妹のステファニーと親友のキミーは、懐かしのタナー家で一緒に暮らすことに。
DJの息子のジャクソン、マックス、トミーにキミーの一人娘のラモーナも加わり、ときおり、ジェシーやジョーイも巻き込んでタナー家では、あいかわらず珍騒動が繰り広げられつつも、家族の絆や友情をみんなは改めて深めていくのです。

キミーはやっぱりキミーだった

fullerhouse2

「フルハウス」の登場人物はみんな好きでしたが、その中でも特に好きだったのが、タナー家の隣人のキミ―・ギブラー
ハイテンションで毒舌で、現れると必ず何かしらやらかすトラブルメーカーのキミー。DJとは小さい頃からの大親友ですが、DJ以外のタナー家の面々からは煙たがられ、特にステファニーとは犬猿の仲。

このキミー、シリーズを見ているうちに「なにげにこの子は上手でいい味を出しているな」と気がつき、気がついたらどんどん活躍の場が増えてレギュラー入り。
シリーズ後半では、ドラマの笑かし役及び地雷担当を思いきり担って本当に大活躍していて、私もいつの間にかキミーが出てくると、笑う準備を必ずしていて、「フルハウス」=キミーに笑う番組と化していました。

だから、今回の「フラーハウス」では、キミーがついにタナー家の住人になるっていうので、ホント楽しみで。

そして、実際に見た「フラーハウス」で、キミーはやっぱりキミーでした。
年をとっても、相変わらずの毒舌でファンキーで、もうこのキミーに再会出来たことがほんとうに嬉しくてたまりません。

オリジナルキャスト集結で始まった「フルハウス」の続編「フラーハウス」。
再び始まったタナー家の物語は、やっぱり変わらず面白くて、これ、本当によく出来たドラマなんだと改めて愛情が蘇ってきました。

fullerhouse3

これから、Netflixの配信を見て、大好きなキミーの活躍をもっともっと楽しみたいと思います!

=====================================================
note作ってみました
[blogcard url=”https://note.mu/startofall”]note[/blogcard]

=====================================================

【随時更新】マンガライターがおすすめするマンガ一覧

===================================
クラシック音楽が楽しくなる情報発信中
joyful-classic-banner

石ノ森章太郎作品を語りつくすウェブマガジン
石ノ森マニアクスbanner

Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。