方眼ノート好きならこれ!方眼メモが使えるおすすめ手帳4選

スポンサーリンク

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

私が手帳を選ぶときの絶対にはずせない条件が「方眼のメモが使えること」です。

横罫よりもフリーダムな感じがする方眼がとにかく好き。

なので、一番自分の近くにあるノート=手帳も方眼メモが使えることを絶対条件にして選んでいます

今回は、私のような方眼好きにおすすめの手帳をいくつかチョイスしてみました。

スポンサーリンク

方眼メモ入りおすすめ手帳その1・ESダイアリー

エイ出版さんが出しているESダイアリー。

4種類のサイズ、7タイプの様式があるのですが、5ミリ方眼のメモを用いたタイプが多くて、方眼好きのさまざまなニーズにこたえてくれています。

マンスリーと方眼ノートがたくさんついているマンスリータイプとか、ウィークリー部分に大きめの方眼メモがついているウィークリーノートタイプとか、方眼メモがついたバーチカルとか。

たぶん、この手帳を作った方は方眼好きだろうなと思われます。

私は、今年、ウィークリーノートを愛用してすごくよかったので、来年も使う予定です。

方眼メモ入りおすすめ手帳その2・トラベラーズノート

トラベラーズノートは、使う側が自由に中身を選べるノート。そして、選べるリフィルの中には方眼メモもあります。

レフィルを使い切ったら、いつでも新しいレフィルと交換できるのもトラベラーズノートの魅力。

私は6年間トラベラーズノートを愛用し、方眼のレフィルを何冊使ったかわからないくらい使いました。

トラベラーズノート Traveler's note book 茶 チャ 13715006
デザインフィル
売り上げランキング: 7,896

 

方眼メモ入りおすすめ手帳その3・ロルバーンダイアリー

 

カラバリ豊富な表紙にシンプルな方眼ノートで人気のロルバーン。

ダイアリータイプも、マンスリースケジュールとおなじみ方眼ノートがどっさり。

スケジュールはダイアリーとメモ帳だけでOkって人には、いいと思います。

私は、個人的にリングノートのリングが手にぶつかるのが好きじゃなくて、それであえてこのロルバーンは使っていないのですが、
いつから出たのか、ホッチキスタイプが通常ノートもダイアリーにも出ていたので、リング苦手で敬遠していた人も一度チェックしてみてもいいかも。

このスタータイプとか、柄もおしゃれで気になる。

方眼メモ入りおすすめ手帳その4・コクヨ キャンパスダイアリー(マンスリー・方眼罫タイプ)

ノートの定番・キャンパスノートのごとしの薄さ・手軽さが魅力のコクヨ・キャンパスダイアリ―。こちらも意外と種類が豊富で、方眼タイプも出ています。

キャンパスノートさながらの薄さなので、たくさん目も使いたい人には、ちょっと物足りないかもしれないんですが、軽くて薄い方眼メモつきの手帳がほしい人には、よさそう。

 

 

以上、方眼メモが使えるおすすめ手帳をまとめてみました。

9月、ぼちぼち来年の手帳が気になる季節。
どなたかの手帳を選ぶ参考になったら幸いです。

===============================

~最近のライティングのお仕事~

デアデビルとアイアン・フィスト、戦ったらどちらが強いの? 「Marvel ザ・ディフェンダーズ」の配信記念に聞いてみた

Netflixで8月18日から配信が始まった「Marvel ザ・ディフェンダーズ」。「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」のマーベルヒーローが集結し、ニューヨークを襲う魔の手に立ち向かうクロスオーバー作品となっています。  今回は、この最強チームから、アイアン・フィスト役のフィン・ジョーンズとデアデビルを演じるチャーリー・コックスを直撃しました。 …

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

特撮芸人がパワーレンジャーに挑戦! 特撮界の”神”坂本浩一監督のヒーローアクション指導を受けてみた

日本の”スーパー戦隊”をルーツにした映画「 パワーレンジャー 」(7月15日から公開)。アメリカのテレビシリーズ「マイティ・モーフィン ・パワーレンジャー」のリブート作で、不思議なコインに選ばれた5人の高校生が戦士になる特訓を受けてパワーレンジャーとなり、悪の魔女・リタに立ち向かうストーリーです。 …

================================

ライティングのお仕事承ります。

関連記事と広告

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。