『超神ビビューン』第10話「手が出て襲う?幸運の古鞄」あらすじとレビュー【石ノ森マニアクス】

SPONSORED LINK

超神ビビューン

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

石ノ森章太郎先生の作品を考察する「石ノ森マニアクス」~「超神ビビューン」第10話のレビューです。

超神ビビューン VOL.1 [DVD]

レビュー

道で古鞄を売る老人から「幸運の鞄」だと大きなカバンを渡される少女・あけみ。鞄の正体は人間の精気を吸い取ろうとするバッグダード。その妖気をキャッチしたダイマ博士とバシャーンだが、少女を操るバッグダードの策略で、妖気の正体とシンドとビリンだと勘違いしてしまう。そして、バシャーンをごまかしたバッグダードの魔の手が、あけみの友人、そして、リサにも迫り……?

あらすじ

序盤から、妖怪探知機を抱えているダイマ博士があやしすぎます。妖気を探ろうとするのは司令官として立派な心掛けですが、それを見たズシーンもリサちゃんもちょっとひいてるし。

とはいえ、博士の探知機はしっかりとバッグダードの妖気を探知しているので、性能は確か。

ところが、バシャーンが間抜けでした。

妖気を探知した部屋へと乗り込むも、バッグダードが操るあけみの嘘にまんまと騙され、妖気はシンドとビリンだと思ってしまう。

もちろん、シンドとビリンは怒ってしまい、ただ、結果、ビビューンとズシーンの前でも文句タラタラこぼしたおかげで、悪さをしている妖怪がいるとビビューンたちが勘づきます。

今回登場した鞄の妖怪バッグダード。これは、ヒントはアンデルセンの「空飛ぶ鞄」あたりかな? 鞄の中から手が出てくるというのが、怖い設定ですが、化けている鞄はポップでかわいいし、バッグダードの本体そのものは、どっちかというとコミカルなので、恐ろしさはそれほど感じませんでした。

今回のツッコミどころ

今回、突っ込みたいのは2点です。

まず、一つ目。

ビビューン、バシャーンと対決するバッグダード。あぶない場面もありましたが、ビビューンのスカイ剣の火の玉アタックで、バッグダードをなめし皮に変えてしまいます。

火の玉アタックでなめし皮に変えてしまいます。

いや、鞄の妖怪だから、主成分がおそらく皮なので、火の玉の攻撃は有効だとは思うんですけど、
それで、焼け焦げになるとかじゃなく、なめし皮になるって、どういうことなんでしょう?
久々にスカイ剣の荒唐無稽さを目の当たりにしましたね。

そして、二つ目。

終盤近くのバッグダードとの戦い、ビビューンとバシャ―ンだけで終わらせてしまいます。

ズシーンはバッグダードに操られたリサちゃんの相手をしていたら、間に合わなくて、終わってから現れます。

以前も、ズシーンなしで、敵を片付けてしまった回があったし、前回の9話もズシーンは魔壺に吸い込まれて、また、戦闘に参加しないのか?って心配になったし。

ズシーンの扱い、ちょっと他の2人より悪くね?

と思ったわけですよ。

ズシーン役のスーツアクターさんのスケジュールが合わなかったのかしらん。

「超神ビビューン」はAmazonビデオで配信中。Prime会員は無料視聴できます。

スポンサーサイト

 

超神ビビューン VOL.1 [DVD]
東映ビデオ (2006-06-21)
売り上げランキング: 151,911
超神ビビューンのズシーン 合金
タカトク
売り上げランキング: 1,028,253

============================

~最近のライティングのお仕事~

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

特撮芸人がパワーレンジャーに挑戦! 特撮界の”神”坂本浩一監督のヒーローアクション指導を受けてみた

日本の”スーパー戦隊”をルーツにした映画「 パワーレンジャー 」(7月15日から公開)。アメリカのテレビシリーズ「マイティ・モーフィン ・パワーレンジャー」のリブート作で、不思議なコインに選ばれた5人の高校生が戦士になる特訓を受けてパワーレンジャーとなり、悪の魔女・リタに立ち向かうストーリーです。 …

================================

================================

ライティングのお仕事承ります。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。