【石ノ森マニアクス】『超神ビビューン 』第5話 「呼べば答える?不思議な山彦」

SPONSORED LINK

石ノ森マニアクス

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

石ノ森章太郎先生の作品を考察する「石ノ森マニアクス」~「超神ビビューン」第5話のレビューです。

あらすじ

木霊(山彦)の妖怪が現れるという山。少年探検隊と称してやってきた子供たち。
月村が止めるのも聞かず、先へ進み、あやしげな山彦にこたえてしまった彼らは、不思議な木の中へ吸い込まれてしまう。その正体は妖怪コダマーン。

10万人の人間を食べて歩くことができるようになったコダマーンは、寿命を延ばすために少女を襲おうとする。

一度はビビューンに退治されたかのように見えたコダマーンだったが・・・

レビュー

今回は、冒頭でシンドとビリンが登場。味方をしてくれるようなことを口にして、やっと彼らの立ち位置がはっきりしたかな。

少年探検隊のリーダーは女の子。すごくおませで男の子たち相手に「蹴っ飛ばすわよ」と威勢がよくいばってますが、小学生くらいのころって、男の子よりも女の子のが成長早いから、おねえさんぶる子って多いですよね。

コダマーンの呼びかけに応じると、吸い込まれてしまうという設定は「西遊記」に出てくる金角・銀角が元ネタっぽい気がするけど、どうなんだろう。

今回の突っこみどころ

もう、今回はこれしかない。

ビビューンの武器・スカイ剣の荒唐無稽な威力。

今回、ビビューンはスカイ剣で炭焼きがまと仏像を作りましたよ。

もはや剣というより魔法のつえだよ。ああ、カオス過ぎる。

===================================
当ブログが気に入っていただけたらfeedly登録していただけたらありがたいです。。
follow us in feedly

===================================
取材、インタビュー、コラムなど経験豊富なライターです。依頼はこちらから♪
inq8_5

======================================
noteも更新しています

田下愛 | note

フリーライター。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」「リアルサウンド」などで、漫画・音楽・映画を軸に執筆しています。ブログ:http://startofall.com/

=====================================================
Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

ライター/オタクコラムニスト/クラシック随想家。マンガ・映画・クラシック音楽を中心に「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。