【石ノ森マニアクス】『超神ビビューン』第9話「ズシーンがとける?魔壺の呪い」

スポンサーリンク

石ノ森マニアクス

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

石ノ森章太郎先生の作品を考察する「石ノ森マニアクス」~「超神ビビューン」第9話のレビューです。

超神ビビューン VOL.1 [DVD]

あらすじ

なんでも溶かしてしまう壺の妖怪・魔壺。かつてダイマ博士の親友の野々村博士によって土に還されたが、陶芸家の老人が魔壺の本体が宿る土を掘り返してしまう。甦った魔壺は、次々呪いで人を吸い込み、立ち向かったズシーンも犠牲に。どうする、ビビューン、バシャーン?

レビュー

今回の敵は、壺の妖怪・魔壺。前回のヒマワルと同じく、壺でできた顔の姿だけで登場しました。このいわゆる肉体がない姿が妖怪らしい演出でいいなと思います。

ビリンとシンドいわく「妖怪社会のエリート」の魔壺ですが、名前を呼んで答えたら吸い込まれるっていう、すごくどこかで聞いたことあるタイプのやつ。てか、5話のコダマーンと同じタイプのやつやん。これは、妖怪社会のトレンディなのかしら。

しかし、その呪いに、ズシーンがまんまとひっかかってしまいました。

彼は変身した姿も一番コミカルだし(なんせ、『アクマイザー』のガブラの魂受け継いでるし)超神3人の中で、ちょいとズッコケの立ち位置なんでしょうね。

彼が囚われの身になってしまって、最後のバトルはほぼビビューンとバシャーンが戦ってて、また第7話みたいにズシーンなしで片づけちゃうかとドキドキしましたが、さすがにそれはなくて、ほっとしました。

そして、今回、なにげにすごいゲストがいらっしゃいます。魔壺を甦らせる陶芸家を演じた黒澤映画の常連・藤原釜足さん。そして、役名も「藤原作ヱ門」です。

今回の突っ込みどころ

魔壺について、「数年前、関東地方で大暴れした…」と普通に語るダイマ博士。

妖怪が大暴れするって、けっこうな事件だよ

そんな淡々と普通に話してんじゃないよ。

 

関連記事と広告

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。