フリーライター00ai

~ライターの加速装置~

【joyful-classic】ただ、シューベルトが好き

time 2017/03/16

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

オーケストラで目下シューベルトの交響曲第4番「悲劇的」をやっています。

シューベルトは歌曲王であり、交響曲は一番の本道ではなかったようなので、オーケストラでヴァイオリンを弾いている私には、必ずしもなじみの深い作曲家でありません。

だけど、彼の曲を弾くと、本当に必ず「シューベルトがたまらなく好き」だと思います。

彼の音楽に宿る繊細なひそやかさが本当に好き。

とても小さくて内省的で、でも、繊細で美しいもの。

見せびらかすでもなく、媚びるわけでなく、押しつけるわけでない。

シューベルトは理性的に曲を書き連ねているふしがあり、ことさら「見せよう」としていないので、音楽の中で見える輝きは本当に小さいもの。
だけど、それが本当に何物にも代えがたく美しい。

演奏していると、本当に粒のようだけど、美しい光を見る、はっとするような瞬間がいつもあるのです。

くやしいのは、私自身がその美しさをきちんとつかむことができないこと。

以前、「未完成」を演奏したときもそうだった。
すべてを浄化する希望の光のようなあの曲を、ほんのひとつまみに触れたか触れないか。それくらいしかできなかった。
だから、チャンスがあるなら、また演奏したいと願ってやまない交響曲の一つ。

今も、「悲劇的」でも、自分がつかむことができない歯がゆさばかりを噛みしめている。

「悲劇的」はタイトルこそ「悲劇的」だけど、曲を演奏したらよくわかる。
悲劇的になることもあったのだろう。だけど、シューベルトは全然、絶望なんかしていない。

悲劇的な悲しい音楽ではあるけれど、この曲の見ているものは希望だと思う。
「未完成」同様、光がさすような希望の旋律が間違いなく存在している。

だから、今回もやられた。
本当にシューベルトが好きだと心から思った。

私はしょせんしがないアマチュアだし、どこまでつかめるかなんてたかがしれているかもしれない。
でも、それでも何かをつかみたい。だから、まだまだ悪あがきしてやると思う。

ただただ、シューベルトが好きだから。

シューベルトならカール・ベームの指揮がおすすめです。端正に音楽を作り上げる大好きなマエストロ。

===================================
当ブログが気に入っていただけたらfeedly登録していただけたらありがたいです。。
follow us in feedly

===================================
取材、インタビュー、コラムなど経験豊富なライターです。依頼はこちらから♪
inq8_5

======================================
note月額課金マガジン刊行中!

月刊フリーライター00ai | 田下愛 | note

フリーライター・田下愛が綴るエッセイ プロフェッショナルとパーソナルのはざまにある言葉ー

=====================================================
Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

The following two tabs change content below.
田下愛

田下愛

ライター/クラシック随想家。マンガ・映画・クラシック音楽を中心に「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はContactからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。

sponsored link

Music

sponsored link

田下愛(ライター&ブロガー)

ai_writer様

ライター/クラシック随想家。マンガ・映画・クラシック音楽を中心に「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はContactからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。

noteマガジン刊行中

月刊フリーライター00ai | 田下愛 | note

フリーライター・田下愛が綴るエッセイ プロフェッショナルとパーソナルのはざまにある言葉ー

ランキングに参加してみた

スポンサーサイト

一推しのミネラルメイクブランド


使っているパソコンここで買いました


スポンサーリンク

アーカイブ



sponsored link