細くてなめらかな書き心地を実現したノック式ボールペン「ジュース・アップ」

SPONSORED LINK

img_1546

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

普段、ボールペンが手放せない私ですが、基本、使うのはブルーブラックを中心に黒以外のペン。
(黒は嫌いではないですが、強烈すぎる色なので、あまり普段使いしたくない)

今は、買ったばかりのサラサクリップ ビンテージカラーのブルーグレーを使っています。

しかしです。
気が付いたら、ペンケースの中に黒いペンがないのに気がつき、やばいと思いました。

世の中には、黒で書かないといけないことがたくさんあるんだよね。

というわけで、世間との兼ね合いで黒いボールペンを持っておかないとまずいと気がついた私は、発売されたばかりのゲルインキボールペン・ジュース アップを購入しました。

パイロットの新作!新たなペン先と新顔料インキを採用したジュース アップ

http://www.pilot.co.jp/press_release/2016/08/09/post_22.html

上のリリースによると、ジュース・アップは、新開発の「シナジーチップ」と、インクを均一に分散し安定させる添加剤を配合した顔料インクで、細書きとなめらかな書き心地を実現したのだそうです。

img_1548

ジュース・アップ 0.3㎜で書いてみた

img_1547

私は、ジュース・アップの0.3㎜の黒を購入。

実際に書いてみたのがこちら。

img_1549

極細ということで、ほんとに細い。0.4mmでもよかったかも。

書き心地の感触ですが、細字なのにすごくなめらか!
そして、インクフローも良好。

私は、東急ハンズで実際に試し書きしてみて、なめらかな書き心地がえらく気に入ってしまい、そのまま購入に至りました。

ボールペンは試し書きをして購入したほうがよい

私、文房具業界の詳しいことはぞんじあげませんが、この秋、ゼブラがサラサクリップの新カラー、そして、パイロットがこの「ジュース・アップ」で勝負に出たなって感じがしました。
特に、パイロットのジュース・アップは、これでサラサクリップに対抗する気なんじゃないかって感じが、見たときすごいしましたね。実際のとこ、どうなのかはわからないけど。

何はともあれ、素敵なカラーや素敵な書き心地のペンが出てくるのは、物書き好きにはうれしいことです。

今、日本のボールペン業界はとても熱くて、書きやすいペンや便利なペンがたくさん出ています。

なので、ボールペンを買うときは、できれば、お店で試し書きしたほうがよいと思います。

どういう書き心地を書きやすいと思うかは、人によってわりと違いがあるものです。

今は、ネットでボールペン1本さくっと買うことも可能ですが、実際に書き心地を試してから買ったほうが、より長く楽しく書き続けられるペンに出会えると思います。

私は、最近、そうやって買いすぎているので、ぼちぼちやめないといけないんですけどね(笑)。

===================================
当ブログが気に入っていただけたらfeedly登録していただけたらありがたいです。。
follow us in feedly

===================================
キャリア10年近くのプロライターです。取材、コラムなどライティングのお仕事承ります。依頼はこちらから♪
inq8_5

======================================
noteも更新しています

田下愛 | note

フリーライター。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」「リアルサウンド」などで、漫画・音楽・映画を軸に執筆しています。ブログ:http://startofall.com/

=====================================================
Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

ライター/オタクコラムニスト/クラシック随想家。マンガ・映画・クラシック音楽を中心に「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。