カキモリのローラーボールは、万年筆用インクの美しさが楽しめる極上筆記具

SPONSORED LINK

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

先だって、お仕事とお仕事の合間で表参道にある文房具屋さん「カキモリ」を訪れました。

カキモリとは

カキモリ width=

カキモリは蔵前に本店、表参道にPop-up storeがある文具屋さん。

たのしく書く人。カキモリ

(null)

こだわりの文房具が買えたり、オーダーメイドで自分だけのノートが作れちゃったりする文房具スキーの憧れのお店です。

今回私が訪れた目的は、カキモリのオリジナル商品、万年筆用のボトルインクが使えるローラーボールペンです。

カキモリ

私が万年筆およびインク沼にずぼずぼつかり始めているのは、以下の記事を読んでいただければ、わかるかと思います。
ついにインク沼にハマりだした…パイロットの万年筆「コクーン」と色彩雫「月夜」を使い始めた

楽しき万年筆ライフ!ボトルインク2本目は淡いピンクの「秋桜」

それだけに、このボトルインクが使えるボールペンがカキモリにあると知ったときから、もうほしくてほしくて、仕事と仕事の合間で「表参道によれそう!」っていうときがあったので、駆け込んで購入したのです。

ローラーボールと一緒にいれるインクも購入しました。パイロット「色彩雫」シリーズの「松露」です。

IMG_7683

「松露」をほしかった理由は、とにもかくにもそのお名前。
大好きな「ナルニア国物語」に出てくる、カスピアン王子の忠実なる部下の一人、熊の“松露とり”の名前と同じ松露という名にとても惹かれてしまったのです。

「松露」の色は、緑がかかっていて、生茂る緑の森に夜のとばりがかかったような色。
「ナルニア」で、カスピアンが松露とりたちとともに隠れていた深い森を思い出させます。

カキモリ

この「松露」は、時間とともに色が変化するインクとして有名。書いた最初は青っぽいのが、だんだん緑がかっていくんです。
うまく写真がとれなかったんですけどね。

インクの美しさが味わえるボールペン

ボトルインクを使うようになって、その色の美しさにとにかく夢中になっています。
これは、ほんと使ったらわかると思うんですが、いわゆるボールぺンのインクとは色の鮮やかさや透明感が全然違う。

そして、そのインクの色をボールペンでも楽しむというのを実現してくれたのがこのカキモリのローラーボール。

1700円といわゆるボールペンよりだいぶ高いですが、見た目もスケルトンでおしゃれ。もってみるととても軽いし、書き心地もすごくいいです。個人的には、もう少し細字だとなおさらよかったんですが、とはいえ、インクの美しさを楽しめるボールペンということで、こちら、めちゃくちゃ気に入っております。

IMG_7674
そうそう、「色彩雫」、都内ではロフトやハンズでも買えるんですが、大きい50mlボトルのしかなくて、お写真の小さいサイズのボトルは、カキモリで初めて見つけることができました。このサイズのボトルインクが買えたのもありがたかったです。

次は、カキモリの蔵前本店でオーダーメイドのノートを作るぞお。

===================================
ライティングのお仕事依頼はこちらまで♪
inq8_5

======================================
noteも更新しています

田下愛 | note

フリーライター。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」「リアルサウンド」などで、漫画・音楽・映画を軸に執筆しています。ブログ:http://startofall.com/

=====================================================
Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。