【掲載】すべては「Z!」につながる!「渡辺宙明スペシャルコンサート」(シネマズby松竹)

SPONSORED LINK

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

3月4日、渋谷で開催された「渡辺宙明スペシャルコンサート」にお伺いさせていただき、公演の模様を書いた記事が「シネマズby松竹」で、掲載されました。

最後は「Z!」「渡辺宙明スペシャルコンサート」でファンが「マジンガーZ」熱唱 | シネマズ by 松竹

「渡辺宙明スペシャルコンサート」の模様をお届けします。

渡辺宙明先生と永井豪先生との贅沢な時間

いやー、とにかく楽しいコンサートでした。

私は弦楽器プレーヤーなので、吹奏楽系はどちらかというと得意ではないのですが、特撮音楽では、やっぱりブラスの音がよく映える。

TPの首席をつとめられたエリック・ミヤシロさんのトランペットはパワーとやわらかさがきちんと使い分けられてて、きれいだったなあ。

客席に渡辺宙明先生と永井豪先生もいらした今回。
日本のロボットアニメの歴史を黎明期から支えてきた、というか、このお二人がタッグを組んだ「マジンガーZ」から、ロボットアニメの歴史は幕を開けたわけで。

そんなパイオニアのお二人がそろった姿を見られた。
しかも、しかも宙明先生の指揮で、永井先生もいらっしゃるところで「マジンガーZ」のあの歌をみんなで歌って、オタクにとっては、なんとまあ贅沢な時間だったことか。

「マジンガーz」という作品のすごさ

私、「マジンガーZ」はリアルタイムでは見てない世代でして、きちんとよく知ったのは、後にDVDを見たり、そして、なんといっても「スーパーロボット大戦」のゲームをプレイして、「マジンガー」のすごさを知りました。

かプレイしているのですが、「マジンガーZ」と兜甲児の存在感は、いつでも周りを圧倒しています。

兜甲児くんは、いつも、どのキャラクターより熱血単純バカ(笑)。だけど、その単純バカの突き抜け感には誰よりも爽快な魅力がある。
マジンガーも、飛んで走って「ロケットパンチ」など必殺技でやっつけるっていう、単純明快な戦闘スタイルのロボットだけど、このわかりやすさが万人に愛されるんだなと思う。

そして、なんといっても主題歌!
「スパロボ」は、ロボットが戦うとき、作品の主題歌やBGMが流れるんですが、マジンガーZの、「Z!」の掛け声が有名なあの「マジンガーZ」は、やっぱり特別。
あのイントロからして勢いが半端ないし、キャッチ―でパワフルで、本当にかっこいい。
あの曲を聞くたびに、「マジンガー」って本当すごい作品だったんだなと思わずにいられない私です。

コンサートでは、最後にみんなで宙明先生の指揮で「マジンガーZ」を歌い、最後は「Z!」の掛け声でしめくくられました。

思えば、ロボットアニメの歴史はこの「Z!」からはじまり、そして、今もなお「Z!」とファンたちが叫ぶ。

いわば、すべては「Z」からはじまり、そして「Z!」につながっていく。

そんなことを思ったスペシャルコンサートでした。

ちなみに。
「スパロボ」シリーズでは、マジンガー、ゲッター、ガンダム、エヴァンゲリオンが四天王的な存在だと思うのですが、
「エヴァ」の内向的な主人公・碇シンジくんが苦悩しているとき、
「男なら立て!」
という熱血かつ大味な喝をいれる兜甲児くんの姿は、衝撃的でした。
なんてシュール。

渡辺宙明卆寿記念 コンサート VOL.3
渡辺宙明
スリーシェルズ (2017-04-14)
売り上げランキング: 6,849
マジンガーZ 40周年記念  水木一郎 ALL OF MAZINGER SONGS
水木一郎
日本コロムビア (2012-11-28)
売り上げランキング: 9,766

===================================
当ブログが気に入っていただけたらfeedly登録していただけたらありがたいです。。
follow us in feedly

===================================
取材、インタビュー、コラムなど経験豊富なライターです。依頼はこちらから♪
inq8_5

======================================
note月額課金マガジン刊行中!

月刊フリーライター00ai | 田下愛 | note

フリーライター・田下愛が綴るエッセイ プロフェッショナルとパーソナルのはざまにある言葉ー

=====================================================
Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。