手にしているのは執着なのか本望なのか

スポンサーリンク

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

自分の希望をかなえたい、好きなことをしたいというのは、多くの方が願っているんじゃないかと思うのですが、

自分が手にしているものが本望なのか、執着しているだけなのか。

見極めるのがなかなか難しい時があります。

スポンサーリンク

 

見極めるヒントになるのは、使い尽くされた言葉だけど、自分がワクワクするかどうかだと思います。

つい最近、ある打ち合わせをしていたときにすごく楽しくて、こういう時間をもっと持ちたいなと思いました。

ワクワクして元気が出てエネルギーをもらえるこの場所にもっといたい。こういう時間を過ごしたいと心から感じた。

そういう“本望”でなく、執着だけでやっていること、持っているものは、下手をすると自分のエネルギーを奪います。

「これは、こういう嫌なところがあるけれど、こういうメリットもあるし」
「これは、すごくやりたいことじゃないけれど、いつか役に立つかもしれないし」

みたいなことは、確かに多少のメリットもあるかもしれないけれど、それと引き換えに自分がかなり消耗します。

なぜなら、自分がやりたいと本気で思っていないし、ワクワクしてエネルギーをもらえることもないので。
でも、それをする、あるいは持続するためにはエネルギーは使わざるを得ない。
結果、消耗するばっかりになるわけで。

もちろん、そこの見極めは簡単につけていいものではない。
最初は少しきつくても、続けてみたらすごく楽しくなるものだってあるから。
ヴァイオリンなんか私にとってはまさにそう。練習はつらいこともあるけれど、それを経て音楽という貴重な財産を手にしているのだから。

ただ、メリットがあるからと我慢して自分がエネルギーを奪われることを続けているのも、決して得策ではない。

執着と本望を見極めるには、何よりもワクワクできる場所を優先するのがいいなかと思います。

私自身、前述した打ち合わせのときがすごく楽しかったので、

こういう楽しいことをもっと優先しよう。
ワクワクできないものに無理に執着することはない。

そう決心したら、すごく楽になって心が晴れ晴れしてきました。

人の人生には限りがある。

だから、人生の時間を幸せにするためにも、むやみに執着はしないで、ワクワクを優先したいと思います。

 

================================

ライティングのお仕事承ります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。