「おそ松さん」について語りつくしたオタク系コンテンツ会議

スポンサーリンク

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

Noteのマガジン「MIZUTAMA第1号・特集岩手県・遠野市を訪ねる」、新たな面白記事が更新されております。

MIZUTAMA第1号~特集「岩手県・遠野市を訪ねる」 | 田下啓子 | note

(null)

「おそ松さん」について語る記事2本が登場

特集の岩手県・遠野市なんですが、それとは別に、編集長の独断と偏見(笑)で、オタク的コンテンツの「オタトーーク」を盛り込み、大好きな「おそ松さん」について語っております。

第1弾でおもに語っているのは、放映当時、一番人気だった一松の魅力。私自身は十四松とカラ松推しですが。

【愛とツッチーのオタトーーク】第1回 「おそ松さん」とは何だったのか?(1) | 田下愛(サブアカ) | note

「MIZUTAMA」編集部の愛とツッチーです。編集部員の二人は、マンガやアニメが好きで、会うと必ずといっていいほど、オタク的なトークで盛り上がっています。今回から始まるのは、そんな二人が語りつくすオタク系コンテンツ会議こと【愛とツッチーのオタトーーク】。記念すべき初めてのトークテーマは、2015年~2016年、大旋風を巻き起こし、今だに人気衰えずの「おそ松さん」です!※今回の掲載写真は、すべ…

第2弾は一松以外の5人とかトト子ちゃんとか、今秋の次回シリーズとかについても触れています。

愛とツッチーのオタトーーク 第2回 「おそ松さんとは何だったのか?」(2) | ツッチー | note

「MIZUTAMA」編集部の愛とツッチーです。マンガやアニメが好きな二人が好き勝手に語りつくすオタク系コンテンツ会議【愛とツッチーのオタト―――ク】。今回は「おそ松さん」を語る”松トーク”第2弾です!**【おそ松さんとは】2015年秋~2016年冬にかけて放映されたアニメ。原作は赤塚不二夫原作の「おそ松くん」。原作の主役のおそ松ら6つ子たちが大人になって、ニートとして暮らす日常を描いている。…

一緒に語っているつっちーは、何度もいいますが、現在のブログのヘッダーを描いてくれた絵描きさん。
「MIZUTAMA」でも撮影とか画像処理とかマンガとかいろいろとやってくれて、大変頼りになる編集仲間です。

つっちー作のざしきわらし・音乃ちゃんのマンガ

【マンガ】音乃の標本ノート No.1 | ツッチー | note

※この記事は投げ銭方式です。購入せずとも最後まで読むことができます。──ウェブマガジン ”MIZUTAMA” はじめました──はじめまして。漫画担当のツッチーです。このコーナーでは、取材したことや体験したことなどを、音乃ちゃんとぬいぐるみのオシラが漫画で紹介していきます。どうぞよろしくお願いします。

「MIZUTAMA」第1号、いろいろと面白いと思うことを詰め込んで、なかなかの充実ぶりになったと思います。

特にこの「オタトーーク おそ松さんとは何だったのか」のような松について語る座談会は本当やってみたくて、松好きなつっちーがいてくれたおかげで、内容も写真もかなり面白いものになりました。

「おそ松さんとは、何だったのか」は、面白いところは無料でも読めるようにしてあるので、まずはぜひ読んでください。
そして、続きが読みたくなったら、買っていただけたら嬉しいです。

ただ、この座談会を通して、知ってしまったのが、私、カラ松が好きだってこと

そう、好きなんだけど、好きだというのがどうにも恥ずかしくて。だって、痛すぎるから。

「おそ松さん」次のシーズンが始まるときは、胸を張って「カラ松推し」「カラ松ガールズ」っていえるかなあ。

おそ松さん 第一松 [DVD]
エイベックス・ピクチャーズ (2016-01-29)
売り上げランキング: 5,025
おそ松さん カラ松タンクトップ
エイベックスピクチャーズ (2016-04-10)
売り上げランキング: 32,369
松セレクション「次男 カラ松」 [DVD]
エイベックス・ピクチャーズ (2017-07-28)
売り上げランキング: 7,199

================================

ライティングのお仕事承ります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。