【今日のペンケースから】フリクションカラーズ/レッド・グリーン・ピンク

スポンサーリンク

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

仕事が忙しくなるにつれて、いつからか手帳のマンスリーページで、スケジュール内容によって日にちを色分けするようになりました。

フリクションカラーズ

この色分けに主に使っているのが、消えるサインペン・フリクションカラーズです。

フリクションカラーズ

・赤は原稿の締め切り日
・緑は打ち合わせや取材などお出かけがある日
・ピンクは楽しいことがある日

という自分のルールで色分けしています。

これを選んだのは、やはり、とにもかくにも“消せる”から。

スケジュールが変動しやすいフリーランスなので、色分けも消して描きなおせるっていうのは、すごく便利で。

ええ、便利だと思ってたんです。

ただ、最近、自分でもわかったんですが、サインペンで囲ってしまう予定って、実は、ほぼ動かすことがないとわかってるから囲ってしまう、つまりは「確定」のサインだったりするんですよね。

なので、ひょっとしたら「消せる」機能はあまりなくてもいいんじゃないかと思いはじめてもいます。

以前は、手帳用のボールペンをフリクションにしていましたが、それをやめました。「消せない・変わらない予定」を作ることも大切だと思ったので。

そして、意識が変わらない予定にシフトしたことで、実際、「変わらない予定」も増えてきているように感じます。

サインペンとして使うにあたり、不満は特にないので、使えなくなるまではこのフリクションカラーズを使い倒すと思いますが、それが終わったら、もしかしたら「マイルドライナー」とかに鞍替えするかもしれません。

フリクションカラーズ

 

=====================================================

ライティングのお仕事承ります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。