プレピー改造計画~今度はピンクのスケルトン万年筆!

SPONSORED LINK

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

216円の激安万年筆「プレピー」を改造したスケルトン万年筆、第2弾を作りました。
今度はピンクバージョンです。

今回は、前回よりいっぱい写真も撮って作り方を紹介します。

プレピーをスケルトン万年筆にする方法

用意するもの

プレピー 改造

・新品のプレピー 付属のカートリッジインクはつけないままで
・プラチナのコンバーター
・マニキュアの除光液
・ボトルインク

プレピーは表面に印字がついています。
プレピー 改造

表面に除光液をしみこませたティシュかコットンで拭いていくと…
プレピー 改造

きれいに印字がとれました!
プレピー 改造
これで、スケルトン万年筆のボディ部分は完成。

続いてコンバーターを万年筆にセット

プレピー 改造

そして、インク沼へ!今回は色彩雫の「秋桜」を使いました。
プレピー 改造

完成!
プレピー 改造

プレピー本体が216円。プラチナのコンバーターが540円。
ただ、私は、今回たまっていた楽天ポイントでコンバーターを購入したので、プレピーの216円しかお金は実質払っていません。
あと、ボトルインクももともともっているものを使いました。インクを持っていない方は、それも買うことになるかな。
コンバーターとインクのほうが万年筆本体より高いです(笑)。

いろんな色を試したい人なら、「プレピー+コンバーター」はおすすめかも

万年筆、ボトルインクにはまりだすと、ついいろいろインクを使ってみたくなる。
しかし、そこで困るのが、万年筆本体がべらぼうに高いこと。

いろんな色を試すということを優先するならば、安い万年筆で試すってことになって、そうなると候補に挙がるのは、ボディが安価でコンバーターが使える
・カクノ(パイロット)
・プレジール(プラチナ)
・プレピー(プラチナ)

あたりかと思います。

私は、
・カクノとプレピーを使ってみて、プレピーの書き味のほうが好みだった
・スケルトンの万年筆がほしかった

ということで、プレピーを改造する道を選びました。

ちなみに、プレジールとプレピーは、ペン先は同じものを使用しているそうです。
プレピーはプレジールより安いのは、主にボディの差だと思われます。
確かに、私の改造万年筆も、安いだけに、インク漏れが心配なボディ。
ただ、コスパがコスパなだけに、そもそも長く使おうと思ってません。
使えるだけがっつりつかって、壊れたらそれまでよと思ってます。

あくまで私が使ってみての感想ですが、書き味が、カクノはわりとカリカリしていて、それがあまり好みではなく、2本もっているのですが、今一つ愛用できなかった。
プレピーのほうが、書いているとき適度なしなりがあり、それが好みでした。

そして、カクノとプレジールはいずれもコンバーターとボディ合わせると確実に1000円超えますが、プレピーならば、ボディ+コンバーターで700円前後ですみます。
なので、書きやすさとか、長く使うことにこだわらず、ボトルインクをいろいろ試したいって人にはおすすめです。

プレピー 改造

というわけで、しばらくはこの改造万年筆2本をめっさ使いたいと思います。

でも、次は金ペンの万年筆がほしいです。

===================================
当ブログが気に入っていただけたらfeedly登録していただけたらありがたいです。。
follow us in feedly

===================================
キャリア10年近くのプロライターです。取材、コラムなどライティングのお仕事承ります。依頼はこちらから♪
inq8_5

======================================
noteも更新しています

田下愛 | note

フリーライター。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」「リアルサウンド」などで、漫画・音楽・映画を軸に執筆しています。ブログ:http://startofall.com/

===================================
クラシック音楽が楽しくなる情報発信中
joyful-classic-banner

石ノ森章太郎作品を語りつくすウェブマガジン
石ノ森マニアクスbanner

=====================================================
Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

The following two tabs change content below.
田下愛

田下愛

ライター/クラシック随想家。マンガ・映画・クラシック音楽を中心に「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

ライター/クラシック随想家。マンガ・映画・クラシック音楽を中心に「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。