サラサクリップ ビンテージカラーは、黒の代用にもなるシックなボールペン

SPONSORED LINK

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

ついこないだ、ボールペンを買ったばかりなのに、また買ってしまいました。

サラサクリップ ビンテージカラーを購入

私が購入したのは、ゼブラのサラサクリップから、9月に発売になったビンテージカラー。

サラサクリップが全46色となり、好きな色がきっと見つかる『サラサクリップ ネオンカラー / ビンテージカラー』【ゼブラ】

サラサクリップが全46色となり、好きな色がきっと見つかる『サラサクリップ ネオンカラー / ビンテージカラー』のニュースリリースです。

カラバリが非常に豊富なサラサがまたやってくれました!
レッドブラック、ブラウングレー、グリーンブラック、ブルーグレー、ダークブルーといった、大人向けのシックな色のボールペンが登場。

ブルーグレーがすごくいい

サラサクリップ ビンテージカラー ブルーグレー
2年前からブルーブラックを偏愛するようになった私は、ブルーグレーがものすごく気になっていて、
実際に、ハンズでビンテージカラーを全色試し書きした結果、やっぱりブルーグレーがすごく気に入って購入を決意。

実際に書いてみるとこんな色です。

サラサクリップ ビンテージカラー ブルーグレー

ブルーブラックに比べると全然薄い。しかし混じっている「グレー」のおかげで、薄くとも落ち着きと深みがある。そんな色です。

「黒の代わりになる色(「毎日、文房具。」より)コンセプトがうれしい

私の文房具師匠が「毎日、文房具。」でサラサクリップ開発担当の方にインタビューをしております。

今までにない絶妙な色!サラサクリップ新色「ビンテージカラー」&「ネオンカラー」

上の記事を読んで、個人的にすごくいいなと思ったことがあります。

それは、ビンテージカラーは、黒の代わりになる色を目指したということ。

私は、黒という色は嫌いではありませんが、多用はしたくない色です。
黒がもつパワーは非常に強烈かつ、暗いときがあるので、それは必要なときもあるけれど、いつでもそばに置くのは、ちょっとつらいときがある。

ただ、カラフルなインクというのは、書き物といういわば考えて心を落ち着けて行う作業の際には決して適当ではない。

というところから、黒は使いたくないけれど、黒の代わりになる落ち着く色ということでブルーブラックを使っていました。
なので、ビンテージカラーの黒の代わりになる色というコンセプトは、まさにどんぴしゃ。

大人がペンを使うときって、黒で書かないといけない場面が本当にたくさんあるのですが、でも、黒を必ずしも日常で愛用したくない人も絶対いるはず。
そういうユーザーのためにも、こういう黒の代わりになるボールペンが増えたらいいなと思います。

サラサクリップはカラーが豊富で書き心地もすらすらさらさらしていて、ほんと良質かつリーズナブルな、メイドインジャパンらしいよさがあるボールペンブランドで、最近のお気に入りです。

そして、書き物をするペンがどんどん増えていくばかり(笑)

===================================
キャリア10年近くのプロライターです。取材、コラムなどライティングのお仕事承ります。依頼はこちらから♪
inq8_5

======================================
noteも更新しています

田下愛 | note

フリーライター。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」「リアルサウンド」などで、漫画・音楽・映画を軸に執筆しています。ブログ:http://startofall.com/

=====================================================
Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。