「男はつらいよ」寅さんの実家のモデルになった高木屋老舗さんのお団子は絶品

SPONSORED LINK

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

母が買い物の際、高木屋老舗さんのお団子を見つけて買ってきてくれました。

高木屋老舗

高木屋老舗さんは、映画「男はつらいよ」の寅さんの実家であるお団子屋の「とらや」「くるまや」のモデルになった葛飾柴又のお団子屋さん。

去年、寅さん好き女子として、「寅さんサミット」に参加させていただいたとき、帰りに高木屋さんでお団子を買って帰りましたが、おそろしくおいしくてどびっくり。

寅さんサミットに参加したときの記事はこちら。

倍賞千恵子さんが演じたいマドンナとは?「寅さんサミット」「『男はつらいよ』女子的楽しみ方」レポート | シネマズ by 松竹

倍賞千恵子さんが演じたいマドンナとは?「寅さんサミット」「『男はつらいよ』女子的楽しみ方」レポート

変なまざりものが何も入っていない、とても純度の高いおいしさのあるお団子で、大好きになってしまいました。

見てください、この昔ながらの草団子。

IMG_0994

お団子はすっきりとして程よい甘さ。あんこも甘くて絶妙。
こんなおいしいお団子、他に知りません。

名作映画のモデルとなったお店がまた名店。なんて素敵なんでしょう。

また、そのうち葛飾柴又に行って、高木屋さんのお団子を買おう。うん、そうしよう。

=====================================================
Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

===================================
クラシック音楽が楽しくなる情報発信中
joyful-classic-banner

石ノ森章太郎作品を語りつくすウェブマガジン
石ノ森マニアクスbanner

=====================================================
Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

The following two tabs change content below.
田下愛

田下愛

ライター/クラシック随想家。マンガ・映画・クラシック音楽を中心に「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

ライター/クラシック随想家。マンガ・映画・クラシック音楽を中心に「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。