まだ確定申告で消耗してるの?ああしたともさ。

SPONSORED LINK

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

本日、平成27年度の確定申告を無事終わらせてまいりました。

今年も確定申告で消耗したともさ

計算が大嫌いな私にとって、フリーランス稼業の中でとくに面倒で嫌いな作業。

今年は、例年よりも、ちょっと困ったり、わけわからないことが多くて、何回も税務署に電話をすることになり、書類作成もいつもより難儀しましたけど、なんとかやり終えて、税務署に提出してきました。

確定申告の書類を作るときって、多くの人がそうだと思うんですが、書類の記入方法が合ってるかどうか、ちょっと不安になりながら作ります。
(そもそも、あの書類と説明書もどうにもわかりづらくて難しいから、なんとかしやがれって思うですが)

なので、出すまではなんとも不安。
今回も、計算間違ってないかとか何度も確認しちゃいました。

でも、冷静に考えてみれば、こっちがそんなさらさら不安になることないんですよ

確定申告でホントは消耗する必要はない

というのも、うちの父親の名言なのですが、「間違ってたら、向こうが言ってくるから」
そうなんです。厳密に間違ってるか正しいかは、それを仕事にしている税務署の方々にまかせとけばいいんです。

何年か前に、提出しにいったときも、窓口で、合ってるかどうか不安そうなおじいちゃんに職員さんが「大丈夫です。我々も2度確認しますから」って言ってたかんね。

だから、もっと楽天的に確定申告の書類作りたいもんですね。

とはいっても、人間て現金で、提出する前は、「記入ミスはないかしら?」とか、かなり神経質になってたんですが、提出終わってたら一転して、「万一、間違ってたら、向こうが言ってくるだろうし~」と、気持ちがお気楽になっちゃいました。

税務署をあとにした後は、スタバで祝杯。

IMG_9910

ああ、今年も無事に終わってよかった。

【おまけ】確定申告小ネタ

・平成25年から「復興特別所得税」が導入されています。最近、始まったものなので、ルーチンでやってる方は、これを見逃しがちなので注意しましょう。(はい、私も、今年、うっかり忘れそうになりました)

=====================================================

note作ってみました

【随時更新】マンガライターがおすすめするマンガ一覧

===================================
クラシック音楽が楽しくなる情報発信中
joyful-classic-banner

石ノ森章太郎作品を語りつくすウェブマガジン
石ノ森マニアクスbanner

Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

ライター/オタクコラムニスト/クラシック随想家。マンガ・映画・クラシック音楽を中心に「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。