時代のトレンドを目の当たりにできるから、ライターって面白い【ライター稼業雑感】

スポンサーリンク

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

ライターとして取材のお仕事をしていると、時代のトレンドとか最先端のもの、ひらたくいえば、流行真っ盛りのものを目の当たりにできるときがあります。

スポンサーリンク

思い返せば、駆け出しのころ、ちょうど大ブレイクする寸前の小山薫堂さんや鈴木おさむさんを取材したし、SNS黎明期にGREEの副社長さんを取材したこともあった。
あと、「踊る大走査線」のスピンオフ「交渉人 真下正義」が上映されたときに亀山千広さんの取材に同行させていただきました。

恋する日本語 (幻冬舎文庫)
小山 薫堂
幻冬舎
売り上げランキング: 176,326
ブスの瞳に恋してる (マガジンハウス文庫)
鈴木 おさむ
マガジンハウス
売り上げランキング: 332,605
交渉人 真下正義 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2010-07-21)
売り上げランキング: 46,180

上記の方たちは、私が取材しに行ったとき、ちょうど当時のトレンドをリードしていたような気がします。

時代の最先端を行こうとしている人たちは、当然注目を集めるわけで、この人たちの話を聞いてみたいというニーズも当然あって、
だから、ライターが取材に行くことになるわけで。

先だっても、お仕事で時代の寵児ともいうべき方たちを取材してきました。

そのときに、小山さんとか亀山さんを取材したときのことをなんだか思い出してしまして、こういう人たちにじかにお話を聞くことができるのは、取材ライターの醍醐味だよなあと久々に実感した次第です。

時代をリードするものや人にじかに触れたり、直接お話を聞けたりできる。だからライターって面白い。

だからこそ、「どれだけミーハーといわれようと、流行りものにはできるだけ手をつけろ」をモットーにしてきたんだっけ。

そう、ライターとしてやってくには、時代の流れには敏感でいたほうがいいんです。

とはいえ、流行りものに溺れるわけにはいかなくて、ニュートラルな視点も決して忘れずにいたい。

一昨年あたりから、お仕事で何度訪れたかわからないくらい、何度も銀座に来ている。ざわめきと粋とノーブルがいつも同居しているこの街が大好きです。

Ya Ya

Ya Ya

posted with amazlet at 17.08.31
ビル・チャンプリン
ソニー・ミュージックレコーズ (1991-08-01)
売り上げランキング: 444,312

================================

~最近のライティングのお仕事~

デアデビルとアイアン・フィスト、戦ったらどちらが強いの? 「Marvel ザ・ディフェンダーズ」の配信記念に聞いてみた

Netflixで8月18日から配信が始まった「Marvel ザ・ディフェンダーズ」。「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」のマーベルヒーローが集結し、ニューヨークを襲う魔の手に立ち向かうクロスオーバー作品となっています。  今回は、この最強チームから、アイアン・フィスト役のフィン・ジョーンズとデアデビルを演じるチャーリー・コックスを直撃しました。 …

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

特撮芸人がパワーレンジャーに挑戦! 特撮界の”神”坂本浩一監督のヒーローアクション指導を受けてみた

日本の”スーパー戦隊”をルーツにした映画「 パワーレンジャー 」(7月15日から公開)。アメリカのテレビシリーズ「マイティ・モーフィン ・パワーレンジャー」のリブート作で、不思議なコインに選ばれた5人の高校生が戦士になる特訓を受けてパワーレンジャーとなり、悪の魔女・リタに立ち向かうストーリーです。 …

================================

ライティングのお仕事承ります。

関連記事と広告

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。