【仕事情報】第28回東京国際映画祭で私が見たもの

スポンサーリンク

ごきげんよう、ライターの愛です。

10月22日から開催された東京国際映画祭
公式ライターとしてお世話になっている「シネマズby松竹」さんで、プレスとして入り、取材させていただきました。

「シネマズby松竹」で5本のレポートを担当しました

今回、私が担当したレポートは全部で5つ

私が見た東京国際映画祭

IMG_9177 IMG_9152

映画祭の会場となった六本木や新宿へ通う日々。

国際的な祭典ということで、海外のお客さまもたくさんいらしていた映画祭。
海外メディアの方に英語で話しかけられ、インターナショナルだなあとテンション上がりました(笑)

取材で体力と精神力を消耗したので、合間ではおやつをいただいて乗り切りました。

ハロウィンということで売っていた限定販売のクレープ
IMG_9149
(ただ、これ、けっこうなボリュームで、あとで胸焼けをしてしまったんだけどね)

六本木では素敵なパン屋さんを発掘
IMG_9155
天然酵母のパンを売っている「ラトリエ・デュパン」さん。

このお店のあんこプレッツェルにどはまりしました。また、そのうち買いに行きたいです。
IMG_9174

そして、合間の時間で、iphoneで写真も撮りました。
六本木ヒルズの金色のハート
IMG_9140

新宿ピカデリーにいたテッド
IMG_9161

改めてでかいなと思った森タワー
IMG_9190

ヒルズから見た東京タワー
IMG_9183

映画を作る人たちの言葉はとても刺激的!

取材の現場は、とても楽しかったですが、特に映画監督の語る言葉が聞けた現場が印象的でした。
「ガンダムORIGIN」の安彦監督、「スプリング ハズ、カム」の吉野監督、そして、「バケモノの子」の細田監督。
それぞれの監督の言葉から、映画作りへの思い、作品への愛情みたいなものが感じられた。
ああ、物作りをする方たちってなんて素敵なんだろうと、とてもよい刺激をいただくことができました。

取材に入ったのは約1週間くらいだったのですが、とても長い時間を過ごしたように今から思える。とても濃ゆい時間でした。

また、こういうお仕事をどんどんやっていきたいです!

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [DVD]
機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [DVD]
バンダイビジュアル 2015
売り上げランキング : 919

Amazonで詳しく見る by G-Tools

バケモノの子 (角川文庫)
バケモノの子 (角川文庫)細田 守

KADOKAWA/角川書店 2015-06-20
売り上げランキング : 5739

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。