『超神ビビューン』第11話「壁が人をのむ?ステレオの秘密 」あらすじとレビュー【石ノ森マニアクス】

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

石ノ森章太郎先生の作品を考察する「石ノ森マニアクス」~「超神ビビューン」第11話のレビューです。

created by Rinker
¥110 (2022/01/13 02:52:52時点 Amazon調べ-詳細)

「超神ビビューン」第11話のあらすじ

少年よしひこの家でレコードをかけて楽しんでいる子供たち。その部屋に謎の青塗りが現れる。その正体は妖怪カベヌリだった。

ステレオの騒音で眠りを覚まされたことに怒るカベヌリは、よしひことその友人たちに襲いかかる。カベヌリから子供たちを守ろうとする超神だったが、ズシーンが壁の中に綴じこまれてしまい……

「超神ビビューン」第11話の感想:ズシーン、またも敵にしてやられる

冒頭いきなり、ステレオから流れるベートーヴェンの「運命」に耳を傾ける子供たち。渋すぎます。

そして、異変に気がついて、レコードを変えたら今度は、流行歌で踊りだす。これはこれで別の意味で渋すぎます。

一方、三太がビビューンと一緒に聞いてる音楽は「山口さんちのツトムくん」。こっちはいかにもお子さんらしい。

そして、今回もあれです。

また、ズシーンがやられたよ

ズシーンが途中でカベヌリの罠にはまって、壁の中に閉じ込められてしまいました。

「バカめ」っていいいながら、壁の中に自分から入っていってしまうズシーンに「バカはお前だ!」と言い放ったカベヌリに私も思わず「ほんとそう、あんた毎回バカ」ってうなずきましたよ。

もう、製作側がこのあたりで決めてしまったんですかね。超神の中で一番バカなのはズシーンだって。

敵の策略に陥ったり、閉じ込められたりの役回りがなんかズシーンに固定されている気がしてなりません。

今回のツッコミどころ

今回登場の妖怪はカベヌリ。はい、ここで私突っ込みました。

「ぬりかべじゃないの?」って。

民間伝承で残っている壁の妖怪は「ぬりかべ」なんですけど、そこは一ひねりしたかったんでしょうか。

created by Rinker
¥5,281 (2022/01/13 02:52:52時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。