運動音痴を責められて苦しかったけれど、本当は運動嫌いじゃなかった話

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

私は、小さい頃から運動音痴でスポーツが苦手でした。

運動音痴を責められて辛かった小学生時代

運動音痴

小学校に上がると、体育の時間に笑われたり、ドッジボールとかサッカーの試合で、「あなたがちゃんとできないせいで負けた」みたいな心ないことを言われたりすることもありました。

クラス内でスポーツのチームを作るとき、上手な人何人かがキャプテンになって、欲しい人をとっていくみたいなときがありました。

そういうとき、私は決まって最後のほうまで残っていて、「もうしょうがないからこいつとろう」みたいに渋々チームに入れられるみたいなことも何度か体験しました。

今思えば、あれって運動神経悪い子供には、相当残酷な仕打ちだと思うんですよね。

チームのメンバーを均等に分けたいとか、何かしら意図はあったのかもしれませんが、もう少し、誰も嫌な思いしないですむやり方があったんじゃないかと思うんですが。

体育の授業が嫌いで、運動も嫌いだと思った

おかげで、小学校のころ体育の授業が大嫌いでした。

そして、私は、小学校時代の苦い経験から、ずっと「自分は、運動やスポーツが嫌い」と思いこんでしまってきたのです。

なので、かなり年をとるまで、自分から運動やスポーツに慣れ親しむことはほとんどありませんでした。

運動をする世界は、自分にとって恐怖でしかなかったから。

でも、今になって思い返すと、身体を動かすこと、本当は決して嫌いじゃなかったんです。

思い返せば、小学校時代、バレエを習っていたのですが、バレエは大好きでした。

運動音痴

楽しくてたまらなかったから、一生懸命練習したし、おかげで、バレエ教室ではわりと優秀な生徒で「物覚えがいい」「すごく上達した」とほめられることも何度もありました。

そして、だいぶ大人になってから、健康を考えて、ジムに通ったりランニングをしたり、ヨガのまねごとをやったりと、ちょこちょこ運動を始めたのですが、そこで「身体を動かすのって気持ちいい。楽しいじゃん」と初めて思えたんです。

運動音痴

そこで気がつきました。

私は運動をして、誰かに笑われたり責められたりするのが嫌だっただけで、運動自体は全然嫌いじゃなかったんだなって。

そして、運動ができない自分を責めてばっかりだった小学校のころの自分を不憫に思いました。

運動ができないことは、何も責められることじゃないし、それで自身の価値が損なわれることはない。

運動、うまくできなくたって全然いいし、そのままでやってていいんだよって、あの当時の私に言ってくれる人がいたら、また人生違っていたろうなと思うのです。

子供の心がへしおられないでほしい

運動音痴

日本の学校って、こういうふうに子供が自分をあきらめてしまう罠みたいなのがけっこうあちこちにまだある気がするんですよね。

うまくできなくたって、やっているだけで楽しいっていうことだって絶対あるのに、うまくできない子はダメな子扱いされたり、一定のレベルに達してないとだめってなったりして、つらくなる。

その結果、「好きじゃないから」と思い込んで好きだったものを手放したり、あきらめてしまうって、なんか悲しいなと思います。

今回のこの話、運動ができなかったというのは、私にとっては苦い思い出でです。

もしかしたら、私のような思いをしているどこかの誰かのところに届くこともあるかもしれないなと思って書き記しておこうかなと思いました。

できないことがあって、それを責められたりバカにされたりしたときは、本当に辛いと思います。

でも、何かをやるときに、上手にできなきゃいけないなんてルールは、本当はどこにもありません。

成長過程で可能性がたくさんあるお子さんが、馬鹿にされて悲しいからとかそんな理由で何かをあきらめるのは悲しい。

そういうふうに子供の心がへしおられることがないような教育の現場になってくれたらなと思います。

そもそも人が何かをできないことを責めたりバカにすることこそ、本来すごく恥ずかしい、軽蔑されるべき行為なんですから。

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「リアリティの追求よりも絆に重みを」ジョン・ウー監督が語る映画『マンハント』への思い | シネマズ by 松竹

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など、数々の名作を世に放ってきた巨匠が『マンハント』に込めた思いを伺いました。

非モテ女子に悪女! 漫画家・あいだ夏波が「型破りな少女漫画ヒロイン」を描く理由【ロングインタビュー】 – Character JAPAN

「マーガレット」(集英社)で連載中、1月25日にコミックス第1巻が発売された『アナログドロップ』。自分大好きで男を手玉にとる悪女な女子高生・亜紅(あく)が過去の時代へタイムスリップしてしまい、現代に戻るために奮闘していくストーリーです。 …

快盗×警察のスーパー戦隊最新作、元モー娘。工藤遥らキャスト発表でさっそくファンのハートを盗む

テレビシリーズ史上初の”W戦隊”作品として注目が集まるスーパー戦隊シリーズ最新作「怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系、2月11日9時30分から)のキャスト披露イベントが都内で開催され、ルパンレッド/夜野魁利役の伊藤あさひさんやパトレン1号/朝加圭一郎役の結木滉星さんのWレッドなどフレッシュな面々が一堂に会しました。 …

「映画作りも結局”嘘八百”と思えた」『嘘八百』武正晴監督インタビュー | シネマズ by 松竹

2018年1月5日公開の映画『嘘八百』。本作のメガホンをとった武正晴監督

デアデビルとアイアン・フィスト、戦ったらどちらが強いの? 「Marvel ザ・ディフェンダーズ」の配信記念に聞いてみた

Netflixで8月18日から配信が始まった「Marvel ザ・ディフェンダーズ」。「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」のマーベルヒーローが集結し、ニューヨークを襲う魔の手に立ち向かうクロスオーバー作品となっています。  今回は、この最強チームから、アイアン・フィスト役のフィン・ジョーンズとデアデビルを演じるチャーリー・コックスを直撃しました。 …

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

================================

noteマガジン刊行中!

MIZUTAMA第4号~特集・煌めくロシア|田下啓子|note

知的女子の隠れ家マガジン  ※期間限定でコンテンツをほぼ無料公開いたします

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。