ブログを書いたほうが調子がよくなることに気がついた。

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

5月の連休あたりから、ほとんど休んでない感覚で本日まで過ごしております。

仕事はもちろんのこと、文学フリマの準備したり、人とあったり、オーケストラもあって…

充実しているといえばそうだし、それはすごくありがたいのです。

睡眠時間だけはしっかり確保して、このままだとまずいと思って、強引に時間作って鍼灸に行ったりもしたので、身体もなんとか持ちこたえております。

ただ、気持ち的にちょっと休まらない、余裕がないというのが続いているのが、ちょっとつらかったりします。

そして、何よりもしんどかったのが、ブログを書く余裕がなくなったことでした。

仕事が立て込むと、当然仕事が優先になります。

「ブログなんか書いてる暇あったら、まずこの原稿やらないと!」ってなって、でも、基本原稿を書き終えると力尽きるので、「ブログは明日でいいや」となって、そのままどんどん先送りになるっていう。

請け負っている仕事をブログより優先させるのは当然のことだし、そもそもブログは書かないといけないものでもない。書きたいときに書けばそれでいいわけで。

と思っていたのですが、昨日、お仕事情報だけでもと思って久々にブログを更新しました。

そしたら、なんかすごく気分よくなっちゃったんですよね。

ブログを更新できたことで、ちょっと幸せになって充実感も感じちゃったりして。

それで、わかっちゃいました。

私、ブログ書いたほうが調子いいんだなって。

ライターとして独立する前から、書いていたブログ。数えてみたらもう15年近く続けていて、やめようと思ったことは一度もない。

もはや、私にとってブログは血であり肉となっているのかもしれません。

だから、ブログ書かないでいるとむしろそれもストレスになってしまっているのかも。

忙しくなるとまた飛び飛びの更新になるかもしれませんが、合間で時間を見つけて、短い記事でも更新していければなと思います。

他でもない、自分自身のメンタルのために。

さて、これ書いてすっきりしたので、仕事に戻ります。

===============================

~最近のライティングのお仕事~

山田洋次監督が現場で大爆笑!その理由とは?『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』徳永ゆうき インタビュー | シネマズ by 松竹

毎回平田家にうな重を届ける調子のいい鰻屋の店員を演じている演歌歌手の徳永ゆうきさんにお話を伺いました。

「リアリティの追求よりも絆に重みを」ジョン・ウー監督が語る映画『マンハント』への思い | シネマズ by 松竹

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など、数々の名作を世に放ってきた巨匠が『マンハント』に込めた思いを伺いました。

非モテ女子に悪女! 漫画家・あいだ夏波が「型破りな少女漫画ヒロイン」を描く理由【ロングインタビュー】 – Character JAPAN

「マーガレット」(集英社)で連載中、1月25日にコミックス第1巻が発売された『アナログドロップ』。自分大好きで男を手玉にとる悪女な女子高生・亜紅(あく)が過去の時代へタイムスリップしてしまい、現代に戻るために奮闘していくストーリーです。 …

「映画作りも結局”嘘八百”と思えた」『嘘八百』武正晴監督インタビュー | シネマズ by 松竹

2018年1月5日公開の映画『嘘八百』。本作のメガホンをとった武正晴監督

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。