バンダイナムコエンタテイメント『アソビモット』でeスポーツ現場の模様をお届け【掲載情報】

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

このたび、バンダイナムコエンタテイメントさんの公式サイト『アソビモット』でお仕事させていただきました。

BNEの社員の深海さんに取材をさせていただいて、eスポーツの大会の現場の模様をお聞きしてきましたよ。

eスポーツ大会現場レポ!「CEO 2018」「鉄拳プロチャンピオンシップ」

2018年夏に開催された「CEO 2018」(アメリカ)と「鉄拳プロチャンピオンシップ 3on3」(秋葉原)。国内外それぞれの現場の空気感とeスポーツの今後について、バンダイナムコエンターテインメント e-sports課の深海雄太さんに自身の抱負について聞いてみました!

私も今回取材して初めて知ったのですが、eスポーツの大会、特に海外の盛り上がりはすごいみたいです。

お話を伺って、昔、コロコロコミックで見ていた、ゲーム漫画みたいな大会がリアルになったみたいで、すごい楽しかったです。

こういう時代の中で生まれる新たなものに、先駆けて触れられるときがあるから、ライターという仕事は面白い。

格闘ゲームはほんと苦手なのだけれど、ちょっとだけ、ちょっとだけやってみたくなりました。

【PS4】鉄拳7 Welcome Price!!
バンダイナムコエンターテインメント (2018-09-06)
売り上げランキング: 427

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

【衝撃】『銀魂』”お妙さんのダークマター”はどれだけヤバい!? 「ジャンプ展」コラボメニュー実食してみた – Character JAPAN

創刊50週年を迎える「週刊少年ジャンプ」の軌跡をたどった原画展「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」。 同展覧会の会場となっている、森アーツセンター(六本木ヒルズ)では、展示会場に併設されたカフェで「JUMP 50th anniversary cafe」と称して「ジャンプ」の人気作品とのコラボメニューの数々が楽しむことができます。

「過去のレガシーを受け継ぎ、新しい扉を開く」 J・A・バヨナ監督『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を語る

現代によみがえった恐竜たちが大暴れするアクション大作「ジュラシック・パーク」シリーズ最新作『 ジュラシック・ワールド/炎の王国 』(7月13日から全国ロードショー)。前作で崩壊した<ジュラシック・ワールド>を有する島で火山噴火の予兆が起こり、災害から恐竜たちを救い出そうとする人間たちのドラマを描いています。 …

href=”http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/13/news011.html”>変化していく恐竜と人間の関係 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』製作総指揮コリン・トレボロウ、今作のテーマを語る

テーマパーク<ジュラシック・ワールド>が恐竜たちによって破壊された事件から3年。世界中の映画ファンの度肝を抜いた『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作『 ジュラシック・ワールド/炎の王国 』が7月13日に全国公開を迎えました。 …

「リアリティの追求よりも絆に重みを」ジョン・ウー監督が語る映画『マンハント』への思い | シネマズ by 松竹

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など、数々の名作を世に放ってきた巨匠が『マンハント』に込めた思いを伺いました。

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。