ミスタードーナツの新商品「ミスドミイラdeハロウィーン」を食してみた。「アプルン」がお気に入り

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

そろそろ来るだろうなと思ったら、やっぱり出ていたミスタードーナツのハロウィン限定メニュー。

というわけで、新作を買ってきて、ランチ代わりに食しました~!

「ミスドミイラdeハロウィーン」の「アプルン」と「マスクド・ジェントル」

今年のミスドのハロウィンドーナツはミイラがテーマらしく、ハロウィン商品はみんなミイラのおばけを形どっています。

その中から、二つほど購入してきました。

ミスドミイラdeハロウィーン

手前にあるのが「マスクド・ジェントル」。奥にあるピンクのが「アプルン」です。

アップルジャムの甘酸っぱさが心地よい「アプルン」

ミスドミイラdeハロウィーン

元来ピンク色が好きなのと、ミスドのストロベリーチョコに目がないので、これは迷わず選びました。

ただ、上にはストロベリーチョコのコーティングですが、その中身は…りんごジャムでした!

ミスドミイラdeハロウィーン

りんごジャムの甘酸っぱいんだけど、とろーりホイップクリームも入っているので、酸っぱさがしみません。

このホイップの使い方がさすがミスド。昔からホイップクリーム使いが本当絶妙なんだな。

ココア生地にホワイトチョコとっぷんぐの「マスクド・ジェントル」

ミスドミイラdeハロウィーン

ミイラというかこの顔はむしろジャックランタンに近いと思うのですが、ジャックランタンのミイラか? 

そして、この顔のどこが「ジェントル」なんだろう?という疑問もなくはないが…まあ、それはいいや。

こちらは、適度にもちもちしたココア生地にホワイトチョコのコーティング。全体的に甘すぎないお味でしたよ。

私は「アプルン」がかなり気に入ったので、たぶんもう一回くらい買いに行くかなと思います。

10代のころから大好きで飽きないミスド。中でもポンデリングとピンクのチョコは神だと思うのです。

あ、ハロウィン商品、ポンデリングもあったから、次はそれも買ってこようっと。

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

32年続く『Mステ』 新たな試みは”バブリーダンス”登美丘高校がきっかけ

【インタビュー】32年続く『Mステ』 あのバブリーダンス高校を見つけたテレビ朝日・増田哲英ディレクター「30歳までAD。負け組だった」

「音楽の素晴らしさはどんな人の魂にも届く」『オーケストラ・クラス』ラシド・ハミ監督インタビュー | シネマズ PLUS

今回は、本作のメガホンをとったラシド・ハミ監督にお話を伺いました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

【衝撃】『銀魂』”お妙さんのダークマター”はどれだけヤバい!? 「ジャンプ展」コラボメニュー実食してみた – Character JAPAN

創刊50週年を迎える「週刊少年ジャンプ」の軌跡をたどった原画展「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」。 同展覧会の会場となっている、森アーツセンター(六本木ヒルズ)では、展示会場に併設されたカフェで「JUMP 50th anniversary cafe」と称して「ジャンプ」の人気作品とのコラボメニューの数々が楽しむことができます。

「リアリティの追求よりも絆に重みを」ジョン・ウー監督が語る映画『マンハント』への思い | シネマズ by 松竹

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など、数々の名作を世に放ってきた巨匠が『マンハント』に込めた思いを伺いました。

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。