ベートーヴェンの「スプリング・ソナタ」にチャレンジします【ヴァイオリン・ミッション】

スプリングソナタ

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

本日は、久しぶりのヴァイオリンのレッスンでした。

発表会の後、少しお休みさせてもらってて、10月、やっとレッスン再開。

次に取り組む曲をどうするか師匠と相談したのですが、ついに、ついに、ベートーヴェンのスプリング・ソナタこと、ヴァイオリンソナタ第5番をやることになりました!

ヴァイオリンやる人なら、わかっていただけると思いますが、スプリングソナタですよ。べートーヴェンのヴァイオリン曲の中でも髄一の素敵な曲の一つです。

すごい好きかっていうと、ちょっと違うんですが、でも、ヴァイオリン弾きとして、やはり一度はきちんと弾いてみたいと思っていた。

あの軽やかでパワフルな美しい曲をついに弾けるんだ!と、今日決まったとき、小躍りしてしまいました。

ヴァイオリンを弾くようになって、もう何年たったかは忘れるくらい、長い間やってきた。

私はまだまだ下手くそだけれど、こうやって少しずついろいろな曲を積み重ねていけるのは、幸せなことだ。

ベートーヴェンはある意味宿敵とも感じている作曲家。おしつけがましいし、しつこいし、楽譜がとにかく細かくて粘着質だし、取り組んでいるときは、本当悪口しか出てこない相手ではあるのだけれど、でも、くやしいけど、やっているときは、そのすごさに唸らずにいられない人でもある。

これから、いろいろ難儀して、たぶん、ベートーヴェンを殺したくなることもあろうかと思いますが(笑)、でも、「スプリング・ソナタ」を弾けるヴァイオリニストになるために、がんばって取り組んでいきたいと思います。

大好きなアンネ=ゾフィー・ムターの演奏も聞きたい。

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番、第9番
ムター(アンネ=ゾフィー)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2011-05-11)
売り上げランキング: 40,182

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

32年続く『Mステ』 新たな試みは”バブリーダンス”登美丘高校がきっかけ

【インタビュー】32年続く『Mステ』 あのバブリーダンス高校を見つけたテレビ朝日・増田哲英ディレクター「30歳までAD。負け組だった」

「音楽の素晴らしさはどんな人の魂にも届く」『オーケストラ・クラス』ラシド・ハミ監督インタビュー | シネマズ PLUS

今回は、本作のメガホンをとったラシド・ハミ監督にお話を伺いました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

【衝撃】『銀魂』”お妙さんのダークマター”はどれだけヤバい!? 「ジャンプ展」コラボメニュー実食してみた – Character JAPAN

創刊50週年を迎える「週刊少年ジャンプ」の軌跡をたどった原画展「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」。 同展覧会の会場となっている、森アーツセンター(六本木ヒルズ)では、展示会場に併設されたカフェで「JUMP 50th anniversary cafe」と称して「ジャンプ」の人気作品とのコラボメニューの数々が楽しむことができます。

「リアリティの追求よりも絆に重みを」ジョン・ウー監督が語る映画『マンハント』への思い | シネマズ by 松竹

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など、数々の名作を世に放ってきた巨匠が『マンハント』に込めた思いを伺いました。

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。