2018年に買ってよかったもの6選

買ってよかったもの

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

年の瀬になりましたので、今年買ってよかったものを振り返ってみようと思います。

iPhone8

買ってよかったもの

2年半ぶりくらいに携帯を機種変してiPhone8に変えました。

前のが6sだったので、だいぶ進化して使いやすくなって、何より容量が32GBになったのがうれしくて。

これまで、容量の少なさから、入れるのをあきらめていたパソコンに入れてある、クラシックやらアニソンやらニューミュージックやらのウン千曲のコレクションをすべて携帯にぶちこんで、移動中に音楽聴きまくっています。

移動中に音楽をたくさん聴けるようになって、音楽が毎日自分の身体と心に補給できるのがとても幸せです。

JBL T110BT Bluetooth イヤホン ワイヤレス

買ってよかったもの

iPhoneで音楽聴けるようになったはいいんですけれど、イヤホンジャックがなくなっていることに気がつき、今年、ついにワイヤレスイヤホンデビューということで買ったJBLのイヤホン。

使いだしたら、本当に手放せなくなりました。

ワイヤレスだと、音楽聴いてるとき、iPhoneをうっかりいじり間違えてイヤホンがはずれたり…みたいなことがなくて、すごい楽。

お値段2000~3000円くらいなんですが、すごく優秀なイヤホンでこれまで使ったどのイヤホンよりも装着してて疲れないし、音質もいいです。

買ってよかったもの

ピンクのカラーがあったところも個人的にはポイント高い(笑)。買いに行ったとき、店頭には黒しかなかったので、「すみません、ピンクありますか?」って頼んで出してもらっちゃいました。

今や、外出するときは、財布、携帯とあわせて必ず持っていくアイテムになってます。もはやブルートゥースイヤホンなしでは生きられないです。ちなみに完全ワイヤレスはすぐなくしそうな気がして怖くて持てずにいます。

プラチナ万年筆 万年筆 #3776センチュリー シャルトルブルー

買ってよかったもの

年々深まる万年筆愛のままに、今年はついにずっと憧れていたプラチナ万年筆のセンチュリーを手に入れました。

こちら、使いだしたら、虜になってしまいました。カリカリしてるけれどしなりがよくやわらかさもあって、すごく書き心地がいい。

おかげで、手帳その他ノートにお家で書くときはほぼこれを使ってばかりでした。

万年筆の書き心地がますます好きになってしまったので、来年もできればまたいい万年筆を手に入れたいですね。

測量野帳

買ってよかったもの

かねがねその優秀さは聞いていた測量野帳。今年、試しに手に入れて取材現場で使ってみたら、瞬く間にヤチョラーと化してしまいました。
持ち歩き用仕事ノートは、もはや野帳一択。取材現場でメモをとったり、出先でインタビューの質問練ったり構成案作ったりするのに使っています。

先だって「文具女子博」の内覧会にお邪魔してきたとき、限定デザイン三種をゲットしました。これ使うの楽しみ。

コクヨ ノート 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3
コクヨ(KOKUYO)
売り上げランキング: 4,021

STALOGY 365デイズノート ハーフ A5

買ってよかったもの

いろいろと自由に書く自由帳兼日記として使い始めたスタロジーのノート。

365日使えるノートのハーフサイズは、分厚すぎなくて持ち歩きもしやすい。

糸がかり製本でぱたんと開くところと薄くてしゃりしゃりしてるけど、裏抜けしにくい紙質も気に入っています。

ニトムズ STALOGY 1/2デイズノート A5 ブルー S4110
ニトムズ (2016-03-26)
売り上げランキング: 9,493

ゲルクレヨン「クレオロール」


今年、新たに使い始めた筆記用具ですっかりお気に入りになってしまったゲルクレヨンのクレオロール。

ノートや手帳にライン引くときに愛用しています。

繰り出して使う仕様なので手が汚れないし、クレヨンなので蛍光マーカーより色が優しい。

ラメ入りカラーやパステルカラーなどの女子の心をそそるかわいい色合いが揃っているのもうれしい。

パイロット クレヨン クレオロール AO-CR6-S16 16色セット
パイロット
売り上げランキング: 13,956

まとめ

文房具やらガジェットやら今年もいろいろと楽しませていただきました。

しかし、買ってよかったものの大半は仕事につかっているもので、今年、相当にワーカホリックだったのかなと思ってしまうわけです。

来年は、もう少し趣味的なものも買って楽しめるといいかも。そういえば、ヴァイオリンの弓の新しいのとかほしいですね。

ぺんてるサインペンにサラサにスーツケース…2017年に買ってよかったものまとめ!

2017.12.13

#favorite2016 ライターでヴァイオリン弾きの私が今年買ってよかったものBest5

2016.12.29

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「ポンコツを許してくれる時代」――俳優・遠藤憲一が向き合う自分と芝居

泣く子も黙るような眼力など、こわもての風貌を生かした役どころで外れのない存在感を放つ俳優の遠藤憲一さん。近年では、渋い役からコミカルな役まで幅広くこなすバイプレイヤーとして知られるだけでなく、どんなオファーでも全力でこなす姿やバラエティー番組で見せるギャップも人気を集めています。  そんな遠藤さん主演で11月16日から公開の映画が「 アウト&アウト 」。人気漫画『BE-BOP …

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

【写真満載】「カードキャプターさくら展」がラブリーすぎるっ♪ 充実展示&コラボメニュー興奮レポ – Character JAPAN

六本木・森アーツセンターにて開催中の「カードキャプターさくら展 -魔法にかけられた美術館-」。キュートでファンタジックな展示&コラボカフェのラブリーなスイーツをご紹介!

【名探偵コナン】”安室の女”座談会で語りつくす! 「安室透」がこんなにも愛される理由 – Medery.

シリーズ史上最高額の興行収入を叩き出している『名探偵コナン ゼロの執行人』。そのヒットの原動力となった女性に絶大な人気を誇る安室透。彼の魅力はいったい何なのか? 今回は”安室の女”たちの座談会を決行。安室透や『名探偵コナン』への思いをたっぷり語ってもらいました

32年続く『Mステ』 新たな試みは”バブリーダンス”登美丘高校がきっかけ

【インタビュー】32年続く『Mステ』 あのバブリーダンス高校を見つけたテレビ朝日・増田哲英ディレクター「30歳までAD。負け組だった」

「音楽の素晴らしさはどんな人の魂にも届く」『オーケストラ・クラス』ラシド・ハミ監督インタビュー | シネマズ PLUS

今回は、本作のメガホンをとったラシド・ハミ監督にお話を伺いました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

【衝撃】『銀魂』”お妙さんのダークマター”はどれだけヤバい!? 「ジャンプ展」コラボメニュー実食してみた – Character JAPAN

創刊50週年を迎える「週刊少年ジャンプ」の軌跡をたどった原画展「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」。 同展覧会の会場となっている、森アーツセンター(六本木ヒルズ)では、展示会場に併設されたカフェで「JUMP 50th anniversary cafe」と称して「ジャンプ」の人気作品とのコラボメニューの数々が楽しむことができます。

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。