『美少女戦士セーラームーン』のセーラーヴィーナス推しになったのでセボンスター大人買いしてみた

SPONSORED LINK

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

数年前から、なんとなく自分の中でリバイバルブームが来ていた『美少女戦士セーラームーン』。

ここのところ、改めて見てたら、今になってセーラーヴィーナス・愛野美奈子ちゃんが好きになりました。

セーラーヴィーナス・愛野美奈子(旧作)はどすこい感半端ないパワフル女子

セーラーヴィーナスこと愛野美奈子は、セーラームーン・月野うさぎに出会う前から、正義の戦士・セーラーVとして戦っており、セーラー戦士たちの中で一番戦士としての経験が豊富なリーダー的存在。

ということで、最初のうちは少し大人っぽい女の子…という感じで出てきた美奈子ちゃん。

しかし、旧作アニメに関しては、大人っぽかったのは最初だけで、どんどんど元来のおバカさが露呈してきて、明るく元気でドジでやや突っ走り気味の女の子になっていきました。

元気でおバカなところは、主人公のうさぎちゃんとよく似ているんだけど、よく見るとうさぎちゃんとは違う。

行動パターンとして、うさぎちゃんと美奈子ちゃんと何かをやろう!と思うと考えなしに行動して、結局ドジ踏んで失敗して転ぶ…みたいなところまでは一緒なんだけど、

失敗した後、うさぎちゃんは「もうできない~」ってぴーぴー泣きだしてくじけてしまうのに対して、

美奈子ちゃんは「なんのこれしき!」とすぐに立ち上がってまた突進していくタイプ。

自分のピュアさをアピールするためにひたすら献血活動に励んだり、同時期にかっこいい男二人にナンパされて、ちゃっかり両方と付き合ったりと、いろいろな意味で自分の気持ちに正直に突っ走っていく、うさぎちゃんや他の戦士たちに比べてバイタリティあふれているというか、どすこい感がある。

created by Rinker
ミラクルロマンス
¥1,058 (2019/09/19 04:18:05時点 Amazon調べ-詳細)

この美奈子ちゃんの半端ないどすこい感がどうも私にはツボだったようで、パワフルな彼女の姿を楽しんでいるうちに断然セーラーヴィーナス推し・美奈子ちゃん推しになってしまいました。

「セボンスター」のセーラーヴィーナスのネックレスを大人買い

美奈子ちゃんが好きになったので、何かちょっとグッズが欲しいなと思ってたんですが、大人女子向けのセーラームーングッズってわりとお値段がかわいくなくて、迷っていて。

そんなときにネットで見つけたのが、カバヤの女の子向け食玩「セボンスター」の「セーラムーン」コラボシリーズネックレス。

すごくかわいくて、メルカリで探したらお手軽に買えるものがあったので、セーラーヴィーナスのシリーズ思い切ってばばっと大人買いしてしまいました。

ダイソーで大きめお薬ケースを買って収納。

これで、ネックレスを複数持ち歩ける。

ええ、年甲斐もないことはよくわかってますが、これでしばらくセーラーヴィーナス推しを楽しみたいと思います。

「愛の天罰、落とさせて頂きます!」

created by Rinker
¥108 (2019/09/19 16:41:58時点 Amazon調べ-詳細)

「美少女戦士セーラームーンCrystal」全話見たので感想を語ってみる~やっぱりタキシード仮面よりはるかさんかも

2017年11月20日

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「ポンコツを許してくれる時代」――俳優・遠藤憲一が向き合う自分と芝居

泣く子も黙るような眼力など、こわもての風貌を生かした役どころで外れのない存在感を放つ俳優の遠藤憲一さん。近年では、渋い役からコミカルな役まで幅広くこなすバイプレイヤーとして知られるだけでなく、どんなオファーでも全力でこなす姿やバラエティー番組で見せるギャップも人気を集めています。  そんな遠藤さん主演で11月16日から公開の映画が「 アウト&アウト 」。人気漫画『BE-BOP …

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

32年続く『Mステ』 新たな試みは”バブリーダンス”登美丘高校がきっかけ

【インタビュー】32年続く『Mステ』 あのバブリーダンス高校を見つけたテレビ朝日・増田哲英ディレクター「30歳までAD。負け組だった」

「音楽の素晴らしさはどんな人の魂にも届く」『オーケストラ・クラス』ラシド・ハミ監督インタビュー | シネマズ PLUS

今回は、本作のメガホンをとったラシド・ハミ監督にお話を伺いました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

================================

ライティングのお仕事承ります。




スポンサーリンク




スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。