お笑い芸人・ニッチェの二人がハモるドリカムの「決戦は金曜日」が鳥肌立つ素晴らしさ

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

先般、パーパー・ほしのディスコさんの歌ってみた動画を紹介しましたが、このたび、またも素晴らしい芸人さんの歌ってみた動画を遅ればせながら知りました。

何かというと、女性芸人コンビ・ニッチェの二人がDREAMS COME TRUEの「決戦は金曜日」をハモって歌ってるこの動画。

これもまた、めちゃくちゃよくないですか?

ほしのディスコさんのときは、まさかあんなに上手だとはつゆ知らず…て感じでしたが、ニッチェの二人に関しては、江上さんは歌ってるのをちょっと聞いたこともあったし、ネタやってるときの発声のよさからしても、二人ともうまいんだろうなとは薄々わかってました。

でもそれでも、上の動画見たとき、まさかこれほど圧倒的にうまいとは…と驚いたし、最初の二人のハモるところで、めちゃくちゃ鳥肌たちましたね。

特に驚いたのが、近藤さんのボーカル力の高さ。

江上さんは、そもそも話している声も艶のあるいい声で、グルーヴィーな雰囲気も持ち合わせていて、見た目にもちょっと歌姫感がありますが、近藤さんは決してそんな感じじゃなかったので、伸びやかな歌声がすごく新鮮だった。

そして、上の動画、実は、曲の難しい部分はほとんど近藤さんが担当しているんですよ。

私、この曲実は以前はカラオケでしょっちゅう歌ってまして、どこが難しいかもちょっとわかるんですが、聴いていて、「あー、ここが難しいんだよね」というところに来ると、メインをとっていたのはほぼ近藤さんだったので、彼女すごいなあって思いました。

ニッチェの二人は、日本映画学校の卒業生とのことですが、出てきたときから、コントでの演技や発声がしっかりと勉強した人のそれだったので、日映ですごい一生懸命勉強して稽古してきた人たちなんだなって思ってたんですが、この動画見て改めて、しっかり実力ある人たちだなあと久々に実感しましたよ。

しかし、出川哲朗さんや狩野英孝さんも同じ学校の出身なんだよね。彼らは、いったいどんな勉強をしていたんだろうか。

あわせて読みたい

電子書籍発売中です!

「やさしすぎるクラシック音楽入門~たった1時間で大人の教養が身につく!~」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。