コロナ退散を願ってスティーブン・フェルヘルストさん作曲「Song for Health」を演奏しました 初めて演奏してるとこも撮影したよ

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

YouTubeに演奏動画をアップしました。

今回、演奏したのは、オランダのトロンボーン奏者・スティーブン・フェルヘルストさんが作曲した「Song for Health」という曲。

この曲は、コロナウィルスと最前線で戦っている医療従事者の方々への応援として作られた曲なんだそうです。

ちなみに、フェルヘルストさんは、東日本大震災のときに日本のために、「A Song For Japan」という曲を作ってくださった方でもあります。

これ、すごいいい曲ですよ。

ときおり見ている演奏系YouTuberさんが、「Song For Health」の演奏動画を挙げているのを見て曲を知りまして、これ、ぜひ演奏してみたいなと思いました。

探してみたら、ありがたいことに楽譜も伴奏音源もダウンロードできるようになっていたので、すぐに入手して数日練習して、アップ。

そして、個人的なことですが、今回、初めて自分が演奏しているところを撮影してみました。

私、基本顔出しはあまりしたくはなくて、演奏動画も自分が演奏しているところを見せるのはどうにも恥ずかしいし、下手な演奏姿を見た誰かから「手つきがだめ」とか怒られるんじゃないか…という被害妄想もあって(笑)、演奏動画は、あえて音だけ録音して、弾いてる姿を撮らない…という形で作ってきました。

ただ、演奏動画を続ける中で、他の演奏系YouTuberさんの動画を見ているうちに、やはり演奏している姿が見えたほうがより臨場感があって楽しいことに気がついたんですね。

なので、今回は勇気を出して、演奏姿を撮影してみました。まあ、だいぶ断片的ではありますけど。(恥ずかしいは恥ずかしいので、今のところこれが精いっぱい)

「Song For Health」、他の楽器だとどうなのかはわかりませんが、ヴァイオリンで弾く分には、そんな難しい曲ではなかったです。短いので暗譜もすぐできたし。

楽譜や音源のダウンロード先も動画の概要欄でご案内してますので、楽器やられる方はよかったら見てみていただけたら思います。

最後に、この動画、何よりも「コロナ退散」を願って演奏しました。

コロナなんぞいつか必ず収束する!それを願い続けてます。

あわせて読みたい

電子書籍発売中です!

「やさしすぎるクラシック音楽入門~たった1時間で大人の教養が身につく!~」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。