『青天を衝け』第6回「栄一、胸騒ぎ」あらすじと感想|時代にのみこまれた者たち・乗り越えた者たち

大河ドラマ『青天を衝け』第6回のあらすじと個人的な感想です。

第6回『栄一、胸騒ぎ』あらすじ

地震で藤田東湖が命を落とし、落ち着かない世の中。栄一や喜作たちは百姓の自分にも何化できるかもしれない…と意気込んでいたが、ある日、栄一は千代から突然愛を告白されてしまう。心の胸騒ぎが収まらない栄一だったが、そんな中、道場に道場破りの真田範之助がやってくる

そして、幕府では、東湖を失ってますます周りが見えなくなってしまった斉昭に老中の阿部らが頭を悩ませていた。慶喜は兄とともに斉昭に引退をすすめるが、斉昭は「慶喜が将軍になるなら引退する」と受け入れない。そして、慶喜の正室となった美賀君は慶喜に不信感を抱き、激しい怒りをあらわにして――。

第6回『栄一、胸騒ぎ』感想 時代を乗り越えた者・流された者

あっちでもこっちでも女性たちが落ち着かない回でした。

思わず告白をしてしまうお千代ちゃんに、薩摩藩邸で大事な使命を仰せつかる篤姫。そして、旦那の慶喜に不信感を抱いてヒステリーを起こす美賀君。

お千代ちゃんはいたたまれない。篤姫は不敵な笑みを浮かべていてもしかしたら怖いかも。そして、美賀君はとりあえず落ち着こうか…といってあげたい。確かに美賀君の旦那さんはだいぶ冷めた人だけど、優しいところもあるはずだから、きっとそのうち優しくしてもらえるはずだと、彼女のために期待したいです。

ただし、そんな中で一番落ち着かないのは、ほかでもない栄一。

お千代ちゃんからお慕いしていると言われてから、胸がどきどきして身体が熱くなって、しかし理由がわからないらしい。そりゃ、あんた、お千代ちゃんが好きだからに決まってるでしょうが。喜作に撮られちゃう前にさっさと自覚しろよ…とおばさんは見ててじれったかったです。

あと、ちょっと笑ったのが、道場破りの真田範之助がやってきたときの「当時は、道場破りが流行っていた」というナレーション。

このころ、世の中にために何かしようと刀をにぎる若者が増えたので、道場破り=強くなるための他流試合を申しこむ人が増えたということなんだけど、現代の我々からすると、道場破りってタチの悪い輩が殴りこんでくるみたいなイメージがどうにもあるだけに、今回来た人もそういう輩かなと思ったら、全然そんなことはなく、本当純粋に強さを競ってみたい…という人だった。

この道場破りの流れを見ていて思い出したのが、新選組及び大河『新選組!』

新選組の近藤勇や土方歳三は、多摩のほうの百姓の息子として生まれて、それで県の道場で稽古をしていた。

そして、栄一や喜作も深谷の百姓の息子で道場で剣術を学んでいる。

近藤たちの方が渋沢たちよりも早く生まれていますが、そう離れているわけじゃなくて、おおよそ同じ時代に、しかもそうそう離れていない場所で百姓に生まれながらも、国のために何かできないかと剣を手に取っていた。

バックボーンは非常に似ているにもかかわらず、たどった道はまるで違う、近藤と土方と栄一と喜作。

前者はある意味時代に飲み込まれた者。後者は時代を乗り越えた者。いったい、彼らは何が違ったんだろうな…と、今回を見ながらふと思いを馳せてしまいました。

お話の最後に、喜作がお千代ちゃんとの祝言に向けて本気で動き出したみたいですが、栄一は果たしてどうするんでしょうね。とりあえず、お千代ちゃんの幸せと美賀君の心の平安を祈っています。

あわせて読みたい

電子書籍発売中です!

「やさしすぎるクラシック音楽入門~たった1時間で大人の教養が身につく!~」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。