「青天を衝け」第12回「栄一の旅立ち」あらすじと感想|栄一、正気に戻る

大河ドラマ『青天を衝け』第12回のあらすじと個人的な感想です。

第12回「栄一の旅立ち」あらすじ

江戸へやってきた栄一と喜作は、役人に追われる中、円四郎と出会い、一橋家に仕えないかと誘われるが断ってしまう。

血洗島に戻った栄一たちは、惇忠らと高崎城乗っ取り計画を進めていた。しかし、そこへ京から戻った長七郎が現れ、涙ながらに計画を中止するよう訴えるのだった。

栄一たちは高城城のっとり計画を断念。千代と生まれたばかりの長女・うたのもとに戻った栄一だったが、父・市郎右衛門に「京に行きたい」と嘆願するのだった――。

第12回「栄一の旅立ち」感想:栄一、正気に戻る

前回はゴリゴリの攘夷派志士として焼き討ちをして命を落とす気満々だった栄一ですが、より広い世界を見てきた長七郎の必死の訴えが心に響いた様子。満島さん、迫真の泣きの演技だったなあ。

自分が命を粗末にしていたことに気がついて反省した栄一。正気に戻って本当によかった。

とはいえ、このまま血洗島で大人しくしてはいられなかったらしい。喜作とともに京へ旅立つことを決めます。

女性目線からいわせてもらうと、まあ、だいぶ自分勝手な旦那さまだなあとは思います。豪農のすごくやりがいのある仕事が目の前にあって、子どもも生まれたばかりなのに、家も家族もほったらかして攘夷運動に走り、京都まで行ってしまって、お千代ちゃんは寂しくないわけがないし、戻ってくるまでうたちゃんを抱こうともしなかった栄一を一発ぶん殴るくらいしても誰も責めないと思うんですけどね。

栄一にかぎったことではなく、日本中で彼のような幕末の志士たちが日本中を闊歩していたこの時代。彼らの妻の女性たちはよく耐えたものだとなあと思います。旦那に代わって家を守りながら耐えてきた立派な女性たちがたくさんいたに違いありません。

今回、栄一と喜作は平岡円四郎と対峙していますが、史実だとこの平岡の推挙で栄一は慶喜に仕えることになったらしいので、今日はその布石ですね。また、どこかでめぐりめぐって円四郎と会うのかなと思いますが、いつになることやら。

今回で血洗島編はおしまい。来週からは、京都を舞台に、おそらく新選組や薩長の志士たちが絡んでくるので、これぞ幕末!という物語に突入していくのを楽しみにしております。

『青天を衝け』これまでの感想

電子書籍発売中です!

「やさしすぎるクラシック音楽入門~たった1時間で大人の教養が身につく!~」

プロライターになるには?-書く仕事につながる10のヒント-

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。