【石ノ森マニアクス】『超神ビビューン』第9話「ズシーンがとける?魔壺の呪い」

石ノ森マニアクス

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

石ノ森章太郎先生の作品を考察する「石ノ森マニアクス」~「超神ビビューン」第9話のレビューです。

created by Rinker
¥110 (2021/08/02 04:26:58時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ

なんでも溶かしてしまう壺の妖怪・魔壺。かつてダイマ博士の親友の野々村博士によって土に還されたが、陶芸家の老人が魔壺の本体が宿る土を掘り返してしまう。甦った魔壺は、次々呪いで人を吸い込み、立ち向かったズシーンも犠牲に。どうする、ビビューン、バシャーン?

レビュー

今回の敵は、壺の妖怪・魔壺。前回のヒマワルと同じく、壺でできた顔の姿だけで登場しました。このいわゆる肉体がない姿が妖怪らしい演出でいいなと思います。

ビリンとシンドいわく「妖怪社会のエリート」の魔壺ですが、名前を呼んで答えたら吸い込まれるっていう、すごくどこかで聞いたことあるタイプのやつ。てか、5話のコダマーンと同じタイプのやつやん。これは、妖怪社会のトレンディなのかしら。

しかし、その呪いに、ズシーンがまんまとひっかかってしまいました。

彼は変身した姿も一番コミカルだし(なんせ、『アクマイザー』のガブラの魂受け継いでるし)超神3人の中で、ちょいとズッコケの立ち位置なんでしょうね。

彼が囚われの身になってしまって、最後のバトルはほぼビビューンとバシャーンが戦ってて、また第7話みたいにズシーンなしで片づけちゃうかとドキドキしましたが、さすがにそれはなくて、ほっとしました。

そして、今回、なにげにすごいゲストがいらっしゃいます。魔壺を甦らせる陶芸家を演じた黒澤映画の常連・藤原釜足さん。そして、役名も「藤原作ヱ門」です。

今回の突っ込みどころ

魔壺について、「数年前、関東地方で大暴れした…」と普通に語るダイマ博士。

妖怪が大暴れするって、けっこうな事件だよ

そんな淡々と普通に話してんじゃないよ。

created by Rinker
¥5,281 (2021/08/02 04:26:58時点 Amazon調べ-詳細)

『超神ビビューン』レビューの続きはこちら

あわせて読みたい
『超神ビビューン』第10話「手が出て襲う?幸運の古鞄」あらすじとレビュー【石ノ森マニアクス】 ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。 石ノ森章太郎先生の作品を考察する「石ノ森マニアクス」~「超神ビビューン」第10話のレビューです。 【あらすじ】 道...

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「ポンコツを許してくれる時代」――俳優・遠藤憲一が向き合う自分と芝居

泣く子も黙るような眼力など、こわもての風貌を生かした役どころで外れのない存在感を放つ俳優の遠藤憲一さん。近年では、渋い役からコミカルな役まで幅広くこなすバイプレイヤーとして知られるだけでなく、どんなオファーでも全力でこなす姿やバラエティー番組で見せるギャップも人気を集めています。  そんな遠藤さん主演で11月16日から公開の映画が「 アウト&アウト 」。人気漫画『BE-BOP …

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

32年続く『Mステ』 新たな試みは”バブリーダンス”登美丘高校がきっかけ

【インタビュー】32年続く『Mステ』 あのバブリーダンス高校を見つけたテレビ朝日・増田哲英ディレクター「30歳までAD。負け組だった」

「音楽の素晴らしさはどんな人の魂にも届く」『オーケストラ・クラス』ラシド・ハミ監督インタビュー | シネマズ PLUS

今回は、本作のメガホンをとったラシド・ハミ監督にお話を伺いました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

================================

ライティングのお仕事承ります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。