ESダイアリーにクツワのクリアカバーをつけたら、なんだかホッとした

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

今年の手帳は昨年に引き続いてESダイアリーA5サイズウイークリーノート。

最近、この手帳に透明カバーをつけました。

スポンサーリンク

クツワのクリアカバーをつけてみた

今回、ESダイアリーにつけてみたのは、クツワのSTAD クリアカバー。

クツワ STAD クリアカバー A5サイズ DH008
クツワ
売り上げランキング: 3,944

ESダイアリーはA5サイズのレフィルにオリジナルのカバーがかかっています。

なので、いわゆるA5サイズよりもオリジナルのカバー分のおおきさがプラスされているんですね。

以前も、透明カバーをかけたくて、MDノート用のカバーを買ったら、ぴったりすぎて入りませんでした。

今回買ったクツワのSTAD クリアカバーはA5 サイズ+若干の余裕があるサイズ。

なので、なんとかぶっこむことができました。

まあ、少し強引なねじこみ方をしてるんですが、一年もてばいいので(笑)。

透明カバーをかけたら、すごくホッとした

ESダイアリーは表紙もすごく気に入っていって使っている手帳なんですが、今回、透明カバーをかけたら、なんか私はすごく手帳にホッとしてしまいました。

たぶん、使っていくうちに、表紙がどんどんボロボロになっていくのが、怖かったんだと思います。

手帳は自分の分身で常に持ち歩いていじっているので、とにかく使い倒すので、ボロボロになる。

以前、使っていたトラベラーズノートは、表紙がそれなりにいい革だったのか、使い込むにつれてむしろいい味が出ていたのですが、ESダイアリーはトラベラーズに比べてだいぶペラい革表紙なので、なんか、劣化が早そうというか。

透明カバーをかけたおかげで、きちんと表紙が守られている感じがして、これで一安心です。

 

クツワ STAD クリアカバー A5サイズ DH008
クツワ
売り上げランキング: 3,944

===============================

~最近のライティングのお仕事~

快盗×警察のスーパー戦隊最新作、元モー娘。工藤遥らキャスト発表でさっそくファンのハートを盗む

テレビシリーズ史上初の”W戦隊”作品として注目が集まるスーパー戦隊シリーズ最新作「怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系、2月11日9時30分から)のキャスト披露イベントが都内で開催され、ルパンレッド/夜野魁利役の伊藤あさひさんやパトレン1号/朝加圭一郎役の結木滉星さんのWレッドなどフレッシュな面々が一堂に会しました。 …

「映画作りも結局”嘘八百”と思えた」『嘘八百』武正晴監督インタビュー | シネマズ by 松竹

2018年1月5日公開の映画『嘘八百』。本作のメガホンをとった武正晴監督

【写真満載】”お米の擬人化”に挑む! 舞台「ラブ米」田村升吾×星乃勇太×健人撮り下ろしインタビュー&稽古場レポ – Character JAPAN

日本のソウルフード・お米を擬人化したアニメ「ラブ米(ラブコメ)-WE LOVE RICE-」初の舞台化作品「RICE on STAGE「ラブ米」~Endless rice riot~ 」。 穀立稲穂学園を舞台にひのひかり、ささにしき、ひとめぼれ、あきたこまち、にこまるの「ラブライス」5人に加え、ライバル米「ST☆RICE(スターリッス)」、「GAZEN …

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1710/12/news006.html

デアデビルとアイアン・フィスト、戦ったらどちらが強いの? 「Marvel ザ・ディフェンダーズ」の配信記念に聞いてみた

Netflixで8月18日から配信が始まった「Marvel ザ・ディフェンダーズ」。「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」のマーベルヒーローが集結し、ニューヨークを襲う魔の手に立ち向かうクロスオーバー作品となっています。  今回は、この最強チームから、アイアン・フィスト役のフィン・ジョーンズとデアデビルを演じるチャーリー・コックスを直撃しました。 …

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

================================

ライティングのお仕事承ります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。