「いつもありがとうございます」の常連認定は、ちょっと恥ずかしいのはなぜだろう

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

ええ、常々思っていることなんですが、

お店とかサービス業者の方から、「常連認定」されるのって、恥ずかしくないですか?

スポンサーリンク

タクシーの運転手さんやレンタル屋さんに常連認定されたときのこと

私は自宅が最寄駅から若干遠いので、仕事で疲れたときとか、深夜帰宅のときとか、タクシーを使うことが少なくはないです。

そして、基本、同じ駅から乗ることとか、真っ赤なヴァイオリンケースを抱えてる特徴があるせいか、
最寄駅周りによく来るタクシーの運転手さん何人かに顔を覚えられてしまっているんですよね。

「前も乗りましたよね。そのケース、覚えています」っていわれたこともあるし、
あるときは、こちらが道案内をする前に「ここ、曲がるんでしたよね?」っていわれたこともありました。

いや、いいんです。
それが何か悪いとかすごく怒ってるわけじゃないんです。
ただ、ちょっと恥ずかしいんですよね。

これは、昔の話ですが、「スタートレック」にはまっていたときがありまして、続けて見たくて、何度もレンタル屋さんに足繁く通っていたら、そのときも案の定店長に顔を覚えられ、「スタートレック好きなんだね」と話しかけられたことがありました。

いや、いいんです。
怒ってるわけじゃないんです。
でも、ちょっと恥ずかしいんですよね。

「いつもありがとうございます」は、善意だとわかっているんだけど…

私もアルバイトとかで接客をしていたとき、よく来るお客様を見たとき、「あ、また来てくれたんだ。いつも、ありがとうございます」って思うことはありました。
ただ、自分自身、よく行く店で「いつもありがとうございます」っていわれたとき、なんかどうにも恥ずかしくて、それで、なんかそのお店には行きづらくなっちゃんたんですよね。

接客をやっていたから、わかるんです。常連さんに対するそういう言葉って、言っている相手は本当「いつもありがとう」って心から思って、善意で言っていることが多いと思う。

ただ、常連認定された側からすると、赤の他人に自分のプライベートを垣間見られたというか、なんかそんなもごもごした感じになってしまうのです。

これって、日本人だけか?私だけか?

どうなんでしょうね。

 

 

===============================

~最近のライティングのお仕事~

YouTuberがついに劇場映画を!『スクールアウトサイダー』アバンティーズにインタビュー | シネマズ by 松竹

アバンティーズの企画・主演による映画『スクールアウトサイダー』の劇場公開を記念して、インタビューを実施!

デアデビルとアイアン・フィスト、戦ったらどちらが強いの? 「Marvel ザ・ディフェンダーズ」の配信記念に聞いてみた

Netflixで8月18日から配信が始まった「Marvel ザ・ディフェンダーズ」。「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」のマーベルヒーローが集結し、ニューヨークを襲う魔の手に立ち向かうクロスオーバー作品となっています。  今回は、この最強チームから、アイアン・フィスト役のフィン・ジョーンズとデアデビルを演じるチャーリー・コックスを直撃しました。 …

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

特撮芸人がパワーレンジャーに挑戦! 特撮界の”神”坂本浩一監督のヒーローアクション指導を受けてみた

日本の”スーパー戦隊”をルーツにした映画「 パワーレンジャー 」(7月15日から公開)。アメリカのテレビシリーズ「マイティ・モーフィン ・パワーレンジャー」のリブート作で、不思議なコインに選ばれた5人の高校生が戦士になる特訓を受けてパワーレンジャーとなり、悪の魔女・リタに立ち向かうストーリーです。 …

================================

noteマガジン刊行中!

MIZUTAMA第3号「特集~妖怪たちの世界」 |知的女子の隠れ家マガジン| note

(null)

================================

ライティングのお仕事承ります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。