【掲載】クラシックバレエ「コッペリア」の恋物語と音楽をご紹介!(COSMUSICA)

クラシックバレエ コッペリア

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

クラシック音楽コラムサイト「COSMUSICA」で、執筆記事が公開になりました。

クラシックバレエ恋物語~第1幕『コッペリア』

こんにちは、ライターの田下愛です。 今回から、数回にわたって連載コラムをお届けします。テーマはずばり、 “クラシックバレエと恋” 。 クラシック音楽における重要なジャンルのひとつであるバレエ音楽。その中で描かれる素敵な恋の物語とおすすめの曲を紹介したいと思います。 第1幕(1回)となる今回の作品は、『コッペリア』です。 …

「COSMUSICA」では、これまで、音楽家向け確定申告入門音楽家さんにおすすめの爪切りの紹介などしてきましたが、今回、初めて、ついにクラシック音楽どストライクなコラムを書かせていただきました。

実は、私、小さいころクラシックバレエを習っておりました。

、そのころ、ロマンチックな恋を描くバレエのお話もすごく好きで、そんな昔の記憶をたどりながら、「コッペリア」を紹介させていただきました。

「コッペリア」のワルツは本当にかわいくクラシックのワルツの中でもトップクラスの優美な素敵な曲だと思います。

このコラム、実は書いていて、ものすごくものすごく楽しかったんです。

自分が大好きな、自分の中にある世界を書いているから、当然なのかもしれないけれど、書いているうちにああ、これも織り込みたい、この曲はこんなふうに紹介したいと、音楽の中で旋律が動いていくみたいに、自分の頭の中でコラムが展開していって、すごくやりがいがありました。

というわけで、私にとってもかなり自信作のコラムです!

よかったら、ぜひ読んで『コッペリア』の世界を味わってみてくださいね。

ドリーブ  :  バレエ組曲「コッペリア」
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ポリドール (1996-12-02)
売り上げランキング: 256
ひとりよみ名作 バレエものがたり
スザンナ デイヴィッドソン ケイティ デインズ
小学館
売り上げランキング: 11,723
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。