「美少女戦士セーラームーンCrystal」全話見たので感想を語ってみる~やっぱりタキシード仮面よりはるかさんかも

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

先だって、「MIZUTAMA」の記事のためにべらべら語ったこともあり、「セーラームーン」熱が高まり、Netflixで配信中の「美少女戦士セーラームーンCrystal」を全話見たので、感想を書いてみようと思います。

ちなみに「MIZUTAMA」の記事は以下のもの。

愛とツッチーのオタトーーク 第3回「美少女戦士セーラームーンのキラキラときめく世界」|田下愛(サブアカ)|note

※この記事は投げ銭方式です。課金せずとも最後まで読むことができます。 「MIZUTAMA」編集部の愛とツッチーです。 マンガやアニメが好きな二人が好き勝手に語りつくすオタク系コンテンツ会議【愛とツッチーのオタト―――ク】。 第3回は女子の人気アニメの定番「美少女戦士セーラームーン」です! 「美少女戦士セーラームーン」とは …

スポンサーリンク

原作にほぼ忠実な物語 孤独を抱えた少女たちを癒し扉を開くプリンセス・うさぎ

アニメ 「美少女戦士セーラームーンCrystal」DVD 【通常版】1
キングレコード (2014-11-12)
売り上げランキング: 42,972

私は、「セーラームーン」は原作も旧アニメも両方見ていまして、双方の違いもそれなりに受けれていたんですが、「美少女戦士セーラームーンCrystal」は、原作にほぼ忠実に作られたアニメーションだなというのが、第一印象でした。

MIZUTAMAの「愛とツッチーのオタトーク」をやったとき、オタク編集仲間のツッチーが「セーラー戦士たちははみんな孤独なんですよ。悲しみを抱えながら、それぞれ戦っている」と話してくれたんですが、登場する戦士たちの多くが悲しみを背負って戦っています。

・人並み外れた頭脳の秀才であるがゆえに、周りから浮いてしまっている亜美ちゃん(セーラーマーキュリー)

・霊感があることで、大人たちから誤解を受けるレイちゃん(セーラーマーズ)

・大柄で怪力なため、不良のレッテルを貼られてしまうまこちゃん(セーラージュピター)

・戦士たちのリーダーという責任感を一人で抱え込んでしまう美奈子ちゃん(セーラーヴィーナス)

さらにシリーズが進んで登場するちびうさ、セーラーウラヌス、セーラーネプチューン、セーラープルート、そして、セーラーサターンらもそれぞれ悲しみと孤独を背負っています。

そんな彼女たちの心を癒して孤独な扉を開くのが、主人公のうさぎちゃんことセーラムーンこと月のプリンセスことネオクイーンセレニティ。

旧アニメではとにかくはちゃめちゃおバカな女の子でしたが、「Crystarl」では、明るくてちょっとおバカなドジっ子ではあるけれど、周りの人たちに分け隔てなく接する優しさ、運命の恋人であるタキシード仮面こと地場衛への愛情などの彼女のよいところがより丁寧に引き出されたドラマになっています。

なので、旧アニメでは「プリンセスにしちゃ、おバカすぎないか…」という目で見てしまうこともあったうさぎ、「Crystal」では、まさしく彼女はプリンセスだと素直に思えます。

明るく優しく、涙もたまにあるけれど、ピンチでもあきらめないでピッと凛々しく立ち向かう、まさに可憐な乙女のポリシーを持っている女の子です。

波乱続きのドラマが少し不憫に思える

美少女戦士セーラームーンCrystal キャラクター音楽集Crystal Collection
月野うさぎ(CV:三石琴乃)/水野亜美(CV:金元寿子)他
キングレコード (2015-04-29)
売り上げランキング: 134,062

1年単位でそれぞれのシリーズを放映していたので、原作だけではエピソードが足りずいろいろ足していた旧アニメに対し、原作にほぼ忠実で第1期~3期まで、おおよそ13話前後のドラマになっている「美少女戦士セーラームーンCrystal」。

原作に忠実ですっきりさらっとドラマが進むのはいいのですが…話数が短いだけに、うさぎたちがずっとひたすら戦っているようなイメージがあります。

1期、2期、3期、それぞれ最後には敵を倒して大団円となるのですが、やっと平和が訪れた…と思ったら、すぐにまた何か起こりそうな気配がして。

これじゃ、うさぎたちは気が休まらないだろうなあ、えらくヘヴィな中学生時代を送っているなあと、なんだか少し気の毒になってしまった。

旧アニメでは、敵と戦うのとは別に、うさぎちゃんたちセーラー戦士が集まって遊んだり、はしゃいだり、それなりに友情を謳歌するエピソードもそれなりにあったので、「Crystal」で、ほんの少しそういうエピソードがプラスされていてもよかった気がします。

ちなみに、旧作では特に好きな女の子とかいなかったのですが、「Crystal」ではセーラジュピターことまこちゃんが好きになりました。

一見不良っぽいカッコよさがあるけれど、素顔はお料理上手で手芸もできて、植物が好きで誰よりも乙女チック。「あたしんち遊びにおいでよ」とみんなを招待しておもてなししているらしき描写もあって、面倒見のいいお姉さんて感じのいい子だなあと思います。まこちゃんとお友達になりたいです。

タキシード仮面について思うこと

アニメ 「美少女戦士セーラームーンCrystal」DVD 【通常版】6
キングレコード (2015-04-08)
売り上げランキング: 98,358

ヒロイン・うさぎの恋人であり、本作のヒーローであるタキシード仮面こと地場衛。

旧アニメでは、正直、ちょっとはまれませんでした。

タキシードに仮面というちょいと前時代的な衣装、赤いバラをやたら用いてキザなセリフを吐く、なんつうかベタすぎるキャラが気恥ずかしいというか。

「Crystal」ではベタさが緩和されてキザなセリフでかっこつけることもないクール系のキャラになっていたので、旧アニメよりは受け入れやすかったです。

ただね。

でもね。

やっぱり思うのです。

セーラー戦士たちは、アイテムを使って変身してますが、タキシード仮面は、たぶん自分で着替えてますよね。

わざわざあんな恰好を自分でして、わざわざあんな仮面を自分でつけて、「タキシード仮面」なんて名乗っちゃって。

彼は自分のやっていることが気恥ずかしくないんだろうかと、どうしても思ってしまうんですよ。

だから、旧作よりは受け入れつつも結局はまることはありませんでした。

やっぱり、はるかさんのほうがかっこいいかなあ。

第4作「デッド・ムーン」劇場版が楽しみ!

「美少女戦士セーラームーンCrystal」第4期「デッド・ムーン」編は、劇場版になることが発表されました。

私、旧アニメでは、はるかさん、みちるさんが出てきたあたりで徐々に離れていったので、「デッド・ムーン」編は話もよく知らないので、映画が公開されたら何らかの形で見たい。
とりあえず、その前の作品の予習はすべて終わったので(笑)、楽しみにしています!

最後に、ツッチーからもらったセーラームーンのコンパクト型チャームのお写真。かわいすぎてお気に入りです


「月の光は愛のメッセージ」

===============================

~最近のライティングのお仕事~

【写真満載】”お米の擬人化”に挑む! 舞台「ラブ米」田村升吾×星乃勇太×健人撮り下ろしインタビュー&稽古場レポ – Character JAPAN

日本のソウルフード・お米を擬人化したアニメ「ラブ米(ラブコメ)-WE LOVE RICE-」初の舞台化作品「RICE on STAGE「ラブ米」~Endless rice riot~ 」。 穀立稲穂学園を舞台にひのひかり、ささにしき、ひとめぼれ、あきたこまち、にこまるの「ラブライス」5人に加え、ライバル米「ST☆RICE(スターリッス)」、「GAZEN …

「吉田ジャスティス・リーグ」バト田とスパ田、死霊人形と世にも奇妙なコラボをしてしまう

10月公開の映画「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団 」。「秘密結社 鷹の爪団」がハリウッドのスーパーヒーローであるバットマンやスーパーマンら「ジャスティス・リーグ」と共演し、 低予算で有名な鷹の爪団らしからぬ豪華な作品に仕上がっているというにわかには信じ難いうわさ が飛び交っています。 …

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

特撮芸人がパワーレンジャーに挑戦! 特撮界の”神”坂本浩一監督のヒーローアクション指導を受けてみた

日本の”スーパー戦隊”をルーツにした映画「 パワーレンジャー 」(7月15日から公開)。アメリカのテレビシリーズ「マイティ・モーフィン ・パワーレンジャー」のリブート作で、不思議なコインに選ばれた5人の高校生が戦士になる特訓を受けてパワーレンジャーとなり、悪の魔女・リタに立ち向かうストーリーです。 …

================================

noteマガジン刊行中!

MIZUTAMA第3号「特集~妖怪たちの世界」 |知的女子の隠れ家マガジン| note

(null)

================================

ライティングのお仕事承ります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。