【joyful-classic】ラ・フォル・ジュルネ2016の会場(東京フォーラム)を訪れて

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

クラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のメイン会場、東京フォーラムを訪れました。

といっても、ラ・フォル・ジュルネとは、全然関係ない用事だったんですけどね(笑)

東京フォーラムは、1階の広場がちょっとした休憩の場になっています。
お昼時になると、屋台がたくさん。

IMG_9989

IMG_9991私もベンチでサンドイッチをぱくつきながらまったり。
外でごはん食べるのも、ぼちぼち大丈夫な季節になってきましたね。

毎年、野外での演奏も色々楽しめるラ・フォル・ジュルネ。
この場所でも、きっとのびやかな楽器の演奏が楽しめるに違いありません。

フォーラムのミュージアムショップでもラ・フォル・ジュルネ関連グッズが色々取り扱っていて、2010年のステッカーらしきシールを見つけたので、思わず購入しちゃいました。

IMG_00082010年のテーマはショパンでした。
ピアノの詩人ショパン。彼の描き出すピアノ・イマジネイションは本当に美しい。ピアノ曲に関しては、やはり、彼が随一。

そして、今年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのテーマは「ナチュール―自然と音楽」
生物たち、そして音楽の大いなる源でもある、自然への回帰の旋律が奏でられるのが楽しみですなあ。

あ、当方クラシック好きライターなので、取材とかの依頼もお待ちしています(笑)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016公式サイト

===================================
当ブログが気に入っていただけたらfeedly登録していただけたらありがたいです。。
follow us in feedly

===================================
キャリア10年近くのプロライターです。取材、コラムなどライティングのお仕事承ります。依頼はこちらから♪
inq8_5

======================================
noteも更新しています

田下愛 | note

フリーライター。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」「リアルサウンド」などで、漫画・音楽・映画を軸に執筆しています。ブログ:https://startofall.com/

=====================================================
Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。