石鹸シャンプーの後欠かせないお酢リンスで、髪の毛がさらさらになるよ。

SPONSORED LINK

ごきげんよう ライターの愛です。

オーガニックコスメが好きになってから、肌やボディのケアがどんどん原始的になっていっております。
そして、ヘアケアもしかり。

髪を洗うときは、シャンプーではなくアレッポの石鹸を使っています。

ただ、石鹸で洗うと髪の毛がきしきしするので、リンスは必須。

ただし、合成成分が入っているものはもちろん使いたくない。

ということで、愛用しているのが、何度かブログにも書いているのですが、お酢リンスです。

髪の毛が本当にさらさらになるお酢のリンスに夢中

最初は、ちょっとお酢を髪につけるのには抵抗ありました。なんかねえ。

でも、髪の毛の健康のことを考えると、合成成分のリンスはどうにも使いたくなかったので、クエン酸よりも手軽そうなお酢を試したのです。

そしたら…私、見事にお酢リンスのとりこになってしまいましたともさ。

だって、髪の毛がめちゃくちゃさらさらになるんですよ?

お風呂で髪の毛洗って、お酢のリンスして、ドライヤーで少し乾かして、眠った次の朝。
髪の毛に触れたときのさらさら具合に「あれ?なんか違う」と気がついた。ここ数年、こんな髪の毛さらさらになったことなかったんじゃね?ってちょっとおどろいちゃいました。
それ以来、もうずっとお酢リンスです。

私が実践しているお酢リンスの超簡単な方法

お酢リンスのやり方は、とても簡単です。

準備するのはお酢だけ。お米酢でもりんご酢でもスーパーで手軽に買えるやつでオッケーです。

そして、以下のようにリンスします。

シャンプーの後、お酢を適量(大さじ1~2杯)とお湯を洗面器にいれてまぜる

お酢をまぜたお湯を髪の毛全体になじませる

酢の香りが残らないようによく洗い流す

以上です。

お酢の香りはそれほど髪に残りません

お酢のリンスと聞いて、多くの人が気になるのが酢の香りが髪に残るのではないか?ってことだと思います。

ですが、お酢の香りは、そんなに髪には残りません。
リンスした後、きちんとお湯で洗い流せば大丈夫。
私はこれまで、酢の香りが髪に残って困ったことは、皆無です。

お酢リンスは石鹸シャンプーに効果を発揮する

お酢のリンスは、基本的には、石鹸シャンプー、もしくは塩シャンプーと一緒にやるのがいいみたいです。

石鹸シャンプーをするとキューティクルが開いて、髪の毛がきしんでしまう。
そこに酸性のお酢をなじませることで、キューティクルが閉じて髪の毛がいい状態になるんだそうです。

今となっては、私は石鹸シャンプーとお酢リンスでないとだめ。
髪に優しい成分で、合成のシャンプー&リンスではありえなかったさらさらを得たのですからそりゃ夢中になるってもんです。

最近、買ってきた新しいリンス用のお酢。
IMG_8531

カルディコーヒーファームでワインビネガーを買いました。

ま、この前に、スーパーでお酢と間違えて料理酒を買ってきたんですけどね。ええ。

Facebookページに「いいね!」していただけたらうれしいです。

女子力上がる記事多数執筆中→大人すはだ
公式ライターとして参加中→シネマズby松竹

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。