「コミックマーケット93」に行ってきました~コミケはオリジナル作満載の3日目が楽しい!

コミケ93

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

2017年、最後の日は冬コミこと「コミックマーケット93」の最終日に行ってきました。

コミケ3日目はオリジナルの魅力的な作品がいっぱい!

2017年は、春コミ、夏コミ、冬コミとコミケと呼ばれるイベントに3回足を運んだ私ですが、最も興奮したのが今回の冬コミ3日目でした。

コミケというと、一般的には2次創作作品の即売というイメージが強いですが、実のところそれだけではなく、オリジナル作品を販売している方もたくさんいらっしゃる。

そして、この冬コミ3日目はオリジナル創作、評論などの販売が中心。

これが、もう個人的にどツボでした。

会場をてくてく歩いていたら…文房具とか、クラシック音楽とか、グルメとか旅行とか、素敵な本がわんさか!

気がついたら「ああ、これ欲しい!」「あ、これもこれも」見入ってしまい、夢中になって、結果7冊近く購入してしまいました。

まずは、もともと唯一購入するつもりでいたアニメ・特撮研究家・氷川竜介さんの新本。

勝手に先輩と尊敬しているお一人である氷川さん。会場についたとき、まっすぐにこちらを売っていらっしゃるところを目指しました。

氷川先生の本を買って、とりあえず買い物すんだ…とホッとしていたら、目に入ってきたのが文房具本!

うわ、こんな素敵な本もあるんだ!ってべっくらして、衝動買いでした。

コミケ93

左は「文具のとびら」で連載マンガを描かれている藤村阿智さんの文房具本。そして、右のシグノ本は、歴代のユニボール・シグノを紹介しまくっていますが、よく見たら出しているのは「古今格闘技連盟」さんだった。

コミケ3日目は、旅行記もめちゃくちゃ充実。いろんな場所、いろんな国を訪れた本が並んでいました。

コミケ93

どこの国のを買おうかすごく迷ったのですが、目下行く気はないけれど興味のあるロシアの旅行記を1冊購入しました。

コミケで何よりうれしかったのが、クラシックの本に出会えたこと。こちらは、モーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」本。

私にとって、モーツァルトの中で唯一弾くのも聴くのも楽しい交響曲が「ハフナー」。それだけに、タイトルで即買でした。あ、ちなみにモーツァルトは聴くのは好きですが、弾くのはたいがい嫌いです。

モーツァルト:交響曲第35番《ハフナー》・第41番《ジュピター》
Universal Music LLC (2014-02-18)
売り上げランキング: 31,801

そして、今回のコミケで最高の出会いがこの「ムソルグスキー/組曲『展覧会の絵』」
コミケ93

コンビで作曲家の創作漫画を描いている留守keyさんの本。

ちょうどはまっている「展覧会の絵」の本ということで、購入してみたのですが、家で改めてじっくり読んだら…感激の嵐でした・

この1冊で留守keyさんの大ファンになってしまいました。会場で売っていた本、全部買ってくればよかったと今も後悔しています。

留守Keyさんは以下のコミックスも出していらっしゃるので、こちらもこれから読んでみたいと思います。

B(べー)ブラームス20歳の旅路 (1)
ディー・エヌ・エー (2016-03-11)

*

というわけで、今年3度目のコミケ参加は、今までで一番楽しかったです。

2次創作だけじゃない、オリジナルの小説や漫画や評論や、ジャンルも人気があるものから超マニアックなものまで豊富だというのは知っていたつもりだったのですが、今回、オリジナル中心の3日目に訪れてみて、その懐の深さをすごく体感できました。

私自身のテンションの上がり方が半端じゃなかった。

クラシックや文具や旅や自分の好きなものがたくさんあって、本当に楽しかったです。

今回、本当に楽しくて、そして、何より留守keyさんのファンになってしまったので、留守keyさんがいらっしゃる即売会に積極的に参戦するつもりでいます。

最後に、今回、6人ほどのメンバーでコミケに行ったのですが、ツアーを誘導してくれたお友達がこんなものを作ってくれました。

当日のタイムスケジュールや簡単なサークル案内、会場でのマナーや気をつけることなど、しっかりとガイドしてくれています。このしおり、初めて行く人がいたら、お見せしたいくらいよくできています。

あー、コミケ楽しかった!

今回は、勇気を出してレイヤーさんの写真も撮影させていただきました。

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「映画作りも結局”嘘八百”と思えた」『嘘八百』武正晴監督インタビュー | シネマズ by 松竹

2018年1月5日公開の映画『嘘八百』。本作のメガホンをとった武正晴監督

【写真満載】”お米の擬人化”に挑む! 舞台「ラブ米」田村升吾×星乃勇太×健人撮り下ろしインタビュー&稽古場レポ – Character JAPAN

日本のソウルフード・お米を擬人化したアニメ「ラブ米(ラブコメ)-WE LOVE RICE-」初の舞台化作品「RICE on STAGE「ラブ米」~Endless rice riot~ 」。 穀立稲穂学園を舞台にひのひかり、ささにしき、ひとめぼれ、あきたこまち、にこまるの「ラブライス」5人に加え、ライバル米「ST☆RICE(スターリッス)」、「GAZEN …

「吉田ジャスティス・リーグ」バト田とスパ田、死霊人形と世にも奇妙なコラボをしてしまう

10月公開の映画「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団 」。「秘密結社 鷹の爪団」がハリウッドのスーパーヒーローであるバットマンやスーパーマンら「ジャスティス・リーグ」と共演し、 低予算で有名な鷹の爪団らしからぬ豪華な作品に仕上がっているというにわかには信じ難いうわさ が飛び交っています。 …

デアデビルとアイアン・フィスト、戦ったらどちらが強いの? 「Marvel ザ・ディフェンダーズ」の配信記念に聞いてみた

Netflixで8月18日から配信が始まった「Marvel ザ・ディフェンダーズ」。「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」のマーベルヒーローが集結し、ニューヨークを襲う魔の手に立ち向かうクロスオーバー作品となっています。  今回は、この最強チームから、アイアン・フィスト役のフィン・ジョーンズとデアデビルを演じるチャーリー・コックスを直撃しました。 …

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

================================

noteマガジン刊行中!

MIZUTAMA第3号「特集~妖怪たちの世界」 |知的女子の隠れ家マガジン| note

(null)

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。