AppleWatchを見て思い出したのは「描いた未来」

watch
iphone6とApplewatch発売のお知らせから1日。

iphone6は使うかどうか様子見で、Applwatchはとりあえず、今のとこは自分にはあまり関係ないわと思っている私ですが、でも、Applewatchを見て思い出したことがありました。

2000年にオンエアしていたdocomoのCM「描いた未来」です。

これ、見たとき、すごいツボをつかんだCMだなあと思ったんです。
よその国はどうか知らんが、少なくとも日本に関しては、小さいころ、ヒーローたちが持っている通信機に憧れた人は少なくないはず。

そして、私たちが知ってる中には、変身したり通信したりするのに時計型のそれを使っているヒーローもいました。

Appleに「009」や「ウルトラセブン」を好きな人たちがいるかどうかはわからないけれどさ。

でも、大昔にみんなが描いた未来に、やはり我々はむかっているのかもしれません。

上のドコモのCM、使われていた音楽も雰囲気がすごくあっていて、私、当時曲を探しました。
full moonの「time to go」という曲です。

描いた未来にそろそろ行く時間が来たのかな?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画、音楽、文房具をこよなく愛するフリーライター。趣味はヴァイオリン。
執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。