カクノ透明軸・EF(極細)をブロンズのビーズでアレンジしたよ【今日のペンケースから】

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

先だって、物欲に負けて、カクノの透明軸をついに買ってしまいました。

カクノ透明軸

お写真は、買ってすぐに改造したばかりのもの。

あわせて購入したコンバーターにボトルインク「月夜」を飲ませて、中にブロンズっぽいパールのビーズを入れてデコりました。

カクノ、以前、もっていたのですが、結局書き味があまり気に入らなくて、嫁に出してしまいました。

それだけに、この透明軸も買うのもずっとためらっていたんです。

ただ、最近、ボトルインクの色ってやっぱりきれいだなあと実感する機会があったのです。

それから、インクの色を楽しみたいなあという欲がどんどんわいてしまって、そうなったとき、やはり透明軸だよなあと思ってカクノの購入を決めました。

カクノ透明軸

ボトルインクが好きないわゆるインク沼の住人の方はわかると思うんですが、インクの色って見てるだけで幸せなんですよね。万年筆ファンが透明軸を使いたがるのって、つまりはそこだと思うの。

 

カクノ透明軸

そして、ビーズでアレンジをしたのも、使う度にビーズがコロコロ音を立てるのがなんだかうれしくなります。

これは、お友達の文房具師匠が提案していたのを真似っ子したものです(笑)。

インクの色もアレンジも楽しめるクリア万年筆「kakuno(カクノ)透明ボディ」

誰でも気軽に使える万年筆「 kakuno(カクノ) 」は、キュートなデザインで手に取りやすい価格の人気モデル。ただ「ポップなデザインとカラーリングなので大人にとっては若干使いづらい」という意見もありました。 でも大丈夫! 今回、これまでのカクノの魅力はそのままに、軸全体がまるまるクリアになった「 カクノ 透明ボディ」が登場したんです。 …

 

 

そして、こちらのカクノの書き心地なんですが…よかったです!

今回、選んだのは、「極細」。

以前使っていた細字はあまりなじめなかったのですが、この極細は書いた瞬間「あれ?これ好き!」と思いました。

極細なので、わりとカリカリはしています。だけど、ガチガチに固くはない、ほんのりしなりもある。

以前使っていた細字のカクノはしなりがあまり感じられなかったので、これはびっくり。私が知らないうちにカクノ、進化を遂げていたのかな?

というわけで、新しい透明軸の万年筆を手に入れて、なんどもいうけど、ほんとこれを見ているだけで幸せです。

 

パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-TY ツキヨ
パイロットコーポレーション
売り上げランキング: 494

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「リアリティの追求よりも絆に重みを」ジョン・ウー監督が語る映画『マンハント』への思い | シネマズ by 松竹

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など、数々の名作を世に放ってきた巨匠が『マンハント』に込めた思いを伺いました。

非モテ女子に悪女! 漫画家・あいだ夏波が「型破りな少女漫画ヒロイン」を描く理由【ロングインタビュー】 – Character JAPAN

「マーガレット」(集英社)で連載中、1月25日にコミックス第1巻が発売された『アナログドロップ』。自分大好きで男を手玉にとる悪女な女子高生・亜紅(あく)が過去の時代へタイムスリップしてしまい、現代に戻るために奮闘していくストーリーです。 …

快盗×警察のスーパー戦隊最新作、元モー娘。工藤遥らキャスト発表でさっそくファンのハートを盗む

テレビシリーズ史上初の”W戦隊”作品として注目が集まるスーパー戦隊シリーズ最新作「怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系、2月11日9時30分から)のキャスト披露イベントが都内で開催され、ルパンレッド/夜野魁利役の伊藤あさひさんやパトレン1号/朝加圭一郎役の結木滉星さんのWレッドなどフレッシュな面々が一堂に会しました。 …

「映画作りも結局”嘘八百”と思えた」『嘘八百』武正晴監督インタビュー | シネマズ by 松竹

2018年1月5日公開の映画『嘘八百』。本作のメガホンをとった武正晴監督

デアデビルとアイアン・フィスト、戦ったらどちらが強いの? 「Marvel ザ・ディフェンダーズ」の配信記念に聞いてみた

Netflixで8月18日から配信が始まった「Marvel ザ・ディフェンダーズ」。「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」のマーベルヒーローが集結し、ニューヨークを襲う魔の手に立ち向かうクロスオーバー作品となっています。  今回は、この最強チームから、アイアン・フィスト役のフィン・ジョーンズとデアデビルを演じるチャーリー・コックスを直撃しました。 …

映画「アリーキャット」主演・窪塚洋介が語る仲間・家族・未来への胸の内

窪塚洋介さんと降谷建志さん主演で7月15日から公開の映画「 アリーキャット 」。一匹の猫を通して出会った”野良猫”のような気ままでタフな若者たちの生きざまを追ったロードムービーで、市川由衣さん、品川祐さん、火野正平さんらが共演者として名を連ねています。 …

================================

noteマガジン刊行中!

MIZUTAMA第4号~特集・煌めくロシア|田下啓子|note

知的女子の隠れ家マガジン  ※期間限定でコンテンツをほぼ無料公開いたします

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。