ノック式水性サインペン「クリッカート」ボールペン感覚で使える

SPONSORED LINK

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です

ゼブラの新作サインペン、クリッカート、我慢できずに買ってきてしまいました。

クリッカート

ノック式が便利なサインペン「クリッカート」

私が買ってきたクリッカートは、ピーチピンク、赤、サーモンピンク、リーフグリーンんの4つ

クリッカート

描いてみたら、発色はすこぶるよし。細すぎず太すぎない線が引けます。

なにより素敵なのは、ノック式であること。

クリッカート

サインペンて、基本はキャップ式が多い。キャップ式でも全然いいけれど、キャップ式はキャップをなくしてしまうリスクがどうにもこうにもなくならない。

そのリスクがない分だけ、クリッカートは手軽さが増した感じがありますね。

実際、私は、サインペンというより、ボールペン感覚で使っているところがあり、最近は、よくクリッカートで手帳に予定を書き込んでいますね。

細めのサインペンなので、手帳に書くのにも全然仕えちゃいます。

サインペンといえば、ぺんてるのサインペンがベスト!と思っていて、それは今も変わらないのですが、当面は、クリッカートの出番が増えてきそうです。

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥1,054 (2019/06/19 11:12:03時点 Amazon調べ-詳細)

===============================

~最近のライティングのお仕事~

スポンサーリンク

「ポンコツを許してくれる時代」――俳優・遠藤憲一が向き合う自分と芝居

泣く子も黙るような眼力など、こわもての風貌を生かした役どころで外れのない存在感を放つ俳優の遠藤憲一さん。近年では、渋い役からコミカルな役まで幅広くこなすバイプレイヤーとして知られるだけでなく、どんなオファーでも全力でこなす姿やバラエティー番組で見せるギャップも人気を集めています。  そんな遠藤さん主演で11月16日から公開の映画が「 アウト&アウト 」。人気漫画『BE-BOP …

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

32年続く『Mステ』 新たな試みは”バブリーダンス”登美丘高校がきっかけ

【インタビュー】32年続く『Mステ』 あのバブリーダンス高校を見つけたテレビ朝日・増田哲英ディレクター「30歳までAD。負け組だった」

「音楽の素晴らしさはどんな人の魂にも届く」『オーケストラ・クラス』ラシド・ハミ監督インタビュー | シネマズ PLUS

今回は、本作のメガホンをとったラシド・ハミ監督にお話を伺いました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

================================

ライティングのお仕事承ります。




スポンサーリンク




スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。