秋はアレルギー性鼻炎がひどくなる季節

ごきげんよう、ライターの愛(@ai_writer)です。

私は、鼻炎アレルギー持ちなのですが、毎年、夏から秋に気候が変わるとき、この鼻のアレルギーが恐ろしくひどくなります。

(なので、鼻のアレルギーがひどくなると、ああ、秋になったんだなって実感します)。

どうひどくなるかというと、とにかく一日、鼻水とくしゃみが止まらない。

くしゃみは一度で始めると、7回から10回くらいの連続は当たり前。

大げさじゃなく、くしゃみのしすぎで、顔の形変わるんじゃなかろうって心配になるくらい、くしゃみが止まりません。

以前、耳鼻科でスギ、ヨモギ、ホコリ、ダニでアレルギー検査をしたことはあり、スギ、ヨモギはなし、ホコリ、ダニのアレルギーはありとの診断が出ました。

ホコリアレルギーは、小さいころから、お掃除してるとくしゃみがひどくなるみたいなことが少なくなかったので、自分でもあるのはしっかり実感しています。

秋になるとき一定期間ひどくなるこの感じは、もしかしたら、季節の植物かな?という疑いもあるんですが、何なのかがわからないでいます。

ただ、わかったところで、何かがどうにかなることもないので、再度検査に行こうとかは思っていないんですけどね。

仕事していても、ほんとよどみない鼻水と止まらないくしゃみに悩まされる。

この感じ、鼻炎アレルギーの人だったら、わかってもらえると思うんですが、本当につらいんですよね。くしゃみのし過ぎで顔とかのども微妙に疲れを感じるし。

おかげで、この季節になると、ティッシュが欠かせません。

アレルギー症状が出ると、すぐティッシュをたくさん使ってしまうので、寝室と仕事部屋に必ずティッシュの箱を常備していて、外出するときもポケットティッシュ3つくらい持っていきます。

おかげで、気づきたくもなかったのですが、どのティッシュが鼻に優しく使い心地がいいかもわかってしまいました。

一番のおすすめはエリエールの贅沢保湿。グリセリンとか保湿成分が入っていて、うっすら湿り気があっては鼻に触れたときの感じが気持ちいいです。

エリエール ティッシュ 保湿 200組×3箱 パルプ100% 贅沢保湿
大王製紙 (2016-09-21)
売り上げランキング: 1,211

あとは、クリネックスの「ローションティッシュ」とネピアの「鼻セレブ」も保湿成分が入っていてやわらかめで、好き。

クリネックス ローションティシュー エックス 360枚(180組) 3箱
日本製紙クレシア (2013-10-06)
売り上げランキング: 482
ネピア 鼻セレブ ポケットティシュ 24枚(12組)×16個パック
王子ネピア (2016-02-01)
売り上げランキング: 620

出先でポケットティッシュ買うときは、基本この3つのどれかにしています。

ほんと、アレルギー症状出ると、尋常じゃなく鼻がつらいので、できるだけやさしくいたわりたいんです。ええ。

===============================

~最近のライティングのお仕事~

「逃げて逃げて行き着いた場所に今あるなという感じ」津田寛治が語る主演作『名前』への思い | シネマズ by 松竹

津田寛治さんに自分を偽り刹那的に生きる男を演じた作品の裏側、演じることや映画作りへの思いなどを語っていただきました。

32年続く『Mステ』 新たな試みは”バブリーダンス”登美丘高校がきっかけ

【インタビュー】32年続く『Mステ』 あのバブリーダンス高校を見つけたテレビ朝日・増田哲英ディレクター「30歳までAD。負け組だった」

「音楽の素晴らしさはどんな人の魂にも届く」『オーケストラ・クラス』ラシド・ハミ監督インタビュー | シネマズ PLUS

今回は、本作のメガホンをとったラシド・ハミ監督にお話を伺いました。

性器を撮影する関係に「”愛”ではあったと思う。でも”恋愛”とは違う」『スティルライフオブメモリーズ』安藤政信インタビュー | シネマズ by 松竹

2年間性器を撮り続けた、写真家アンリ・マッケローニからインスパイアされた本作。主演を務める安藤政信さんにインタビュー。

【衝撃】『銀魂』”お妙さんのダークマター”はどれだけヤバい!? 「ジャンプ展」コラボメニュー実食してみた – Character JAPAN

創刊50週年を迎える「週刊少年ジャンプ」の軌跡をたどった原画展「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」。 同展覧会の会場となっている、森アーツセンター(六本木ヒルズ)では、展示会場に併設されたカフェで「JUMP 50th anniversary cafe」と称して「ジャンプ」の人気作品とのコラボメニューの数々が楽しむことができます。

「リアリティの追求よりも絆に重みを」ジョン・ウー監督が語る映画『マンハント』への思い | シネマズ by 松竹

『男たちの挽歌』『レッドクリフ』など、数々の名作を世に放ってきた巨匠が『マンハント』に込めた思いを伺いました。

================================

ライティングのお仕事承ります。



ABOUTこの記事をかいた人

田下愛

フリーライター 得意なのはオタクコンテンツとクラシック音楽。「ねとらぼエンタ」「シネマズby松竹」など、多数のメディアで執筆中。ときおりビジネス系のお仕事もしています。 執筆、取材等のご依頼はお問い合わせからか、startofall@gmail.comまでご連絡ください。